2011年11月04日

[バイエルン・ミュンヘン]シュバインシュタイガーの代役は?

チャンピオンズリーグ・ナポリ戦で負傷したシュバインシュタイガーは、

6週間の離脱と見られています。

実質的には、前半戦絶望ですね(´Д` )

これまでシュバインシュタイガー抜きで戦ったのは、

試合途中で交代することはあっても、1試合丸々居なかったのは、

DFBポカール2回戦くらいです。

所謂「代えの効かない選手」ですが、前半戦残りの試合をどう乗り切っていくのか

勝手に予想してみました。

Aプラン:グスタボ&ティモシュクのボランチコンビ


シュバインシュタイガーが途中交代する時の多くは、ボランチの位置に

グスタボもしくはティモシュクを入れるという選手起用でした。

おそらく有力なのは、この起用法ではないかと思います。

スタートはグスタボとティモシュクでスタートし、90分戦い抜くというプランです。

控えとしては、プラニッチが候補ですが、これまでのハインケス監督の起用法を見ると

グスタボ、ティモシュクをメインで、試合途中の選手交代で、アラバを2列目に入れ、

クロースをボランチに下げるのではないかと考えています。

Bプラン:トニ・クロースをボランチへコンバート


ボランチにトニ・クロースを入れるプランです。

これは、ドイツ代表でも、シュバインシュタイガーが不在の時に試しています。

クロースが動いてあいたトップ下にはミュラー。

右の2列目にアラバを起用するという布陣です。

このプランの問題点としては、ここまで割と固定してきたポジションの選手が

大幅に動かないといけないということと

途中出場の一番手のアラバをスタートから起用した時のベンチメンバーです。

クロースはトップ下で十分な働きを見せています。

逆にミュラーにとっては、最近目立った活躍を見せれていないので、

トップ下に移ることで、復調するかもしれません。

ベンチメンバーに関しては、オリッチの出場時間は増えると思います。

また宇佐美にもチャンスが回ってくる可能性が増えますが、

宇佐美に関しては、アラバほどの計算ができないので、多少ギャンブルかもしれません。

クロースのボランチプランは、ロッベンが復帰したら、ベンチワークも含めて、

うまくいくような気もします。

Cプラン:アラバのボランチ起用


昨シーズン、レンタル先のホッフェンハイムでは、ボランチ起用の多かったアラバを

シュバインシュタイガーの位置に入れるプランです。

バイエルンでは、ほとんどボランチでのプレーがないため、実力は未知数ですが、

ハインケスは、アラバを相当買っているようなので、可能性はゼロではないような・・・。

Dプラン:プラニッチを大抜擢


これはないかなぁ・・・?

個人的には、これが一番見たいんですけど。

シュバインシュタイガーの位置にプラニッチを起用。

2列目の選手を変えることなくできるし、切り札としてアラバをベンチに残せるし。

これがうまくハマれば、これまで通り、ボランチのローテーションも

グスタボ、ティモシュク、プラニッチの3人で回せるので、コンディション面でもOK。

怪我人や出場停止などで、主力が欠場する時、それまであまり出番のなかった選手を

大抜擢することもよくあるので、このプランにも期待したいです!


一番現実的なのはAプランでしょうか。

個人的な一押しはDプランです。

みなさんはどう思います?
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[バイエルン・ミュンヘン]ナポリを撃破。グループステージ突破に王手。

3219181639.jpg

チャンピオンズリーグ、ホームにナポリを迎えてのグループステージ第4戦は、

バイエルンが前半に3ゴールを決め、その後のナポリの反撃をなんとかかわし3-2で勝利。

勝ち点を10に伸ばし、グループステージ突破に王手をかけた。

マリオ・ゴメスがハットトリック


682910316-02112011205415.jpg

バイエルンは、17分、23分、42分とゴメスがゴールを決め、試合を優位に進めた。

1点目は、縦パスを受けたゴメスが、ディフェンスを一人かわし、左足で蹴り込んだ。

2点目は、左サイドで作ったチャンスに、クロースの絶妙なパスをゴメスが反応し、ゴール。

3点目は、リベリーがペナルティエリアに侵入し、クロースへパス。

クロースのシュートは、GKにはじかれたものの、そこにゴメスがつめていた。

2得点にからんだクロースは、全ての試合でいいパフォーマンスを見せているわけではないが、

以前に比べて光るプレーが増えてきていると思う。

シュバインシュタイガーが離脱


3230918944-schweinsteiger-operiert-vorrunde-gelaufen.jpg

一時は3点差となったこの試合、バイエルンにとってはハッピーな試合になるはずだったが

後半、シュバインシュタイガーが肩を負傷する。

相手ペナルティエリア内でのプレーで、ヘディングでの競り合いで、シュバインシュタイガーは

右肩を押さえながら、倒れ込んだ。

交代直後に病院に運ばれ、診断結果は、鎖骨骨折。全治6週間とのこと。

バイエルンにとっては、大きな痛手となった。

両チームにそれぞれ退場者


3240589592-gomez-show-neapel-bayern-achtelfinale.jpg

70分にナポリは、スニガが2枚目のイエローカードを受けて退場。

2742003932-02112011212914.jpg

77分には、バドシュトゥバーが2枚目のイエローで退場となった。

タフな試合だったが、ともにそれほど悪質なファールではなかったが、

スニガは短い時間の中で立て続けにファールしたこともあり、印象が良くなかった。

バドシュトゥバーのファールは、カバーニに裏を取られ、倒してしまった。

バイエルンがナポリ相手に2失点


1022548538-02112011205814.jpg

やはり、ナポリは難しい相手だった。

3点差になったところで、ワンサイドのゲームになってもおかしくないが、

前半終了間際に1点を返し、79分には2点目を決め、1点差となった。

2つのゴールともに、セットプレーからのゴールだった。

バイエルンは、セットプレーのディフェンスを再度見直す必要がありそうだ。

FCバイエルン – SSCナポリ 3-2 (3-1)

FCバイエルン: ノイアー- ボアテング、ファン・ボイテン、バドシュトゥバー、ラーム- ルイス・グスタボ、シュヴァインシュタイガー(53分、ティモシュチュク)-ミュラー、クロース、リベリー(80分、アラバ)- ゴメス

ベンチ: ブット、プラニッチ、ラフィーニャ、アラバ、オリッチ、ペテルセン

SSCナポリ: デ・サンクティス- カンパニャーロ、フェルナンデス、アロニカ(42分、ドッセーナ)- マッジョ、ジェマイリ(84分、パンデフ)、インレル、スニガ- ハムシーク、ラベッシ- カバーニ

主審: クイペルス(オランダ)

観衆: 66.000人

得点: 1-0 ゴメス(17分)、2-0 ゴメス(23分)、3-0 ゴメス(42分)、3-1フェルナンデス(45分)、3-2フェルナンデス(79分)

イエロー/レッドカード: バドシュトゥバー(77分、2枚目のイエローカード)/スニガ(70分、2枚目のイエローカード)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

[アウクスブルク]ケルンに完敗。細貝はフル出場

111030_1026.jpg

ブンデスリーガ1部初勝利以降、なかなか2勝目まで遠いアウクスブルクですが、

今節は、ケルンに0-3の完敗。

まったくいいところのない試合となりました。

細貝萌、前半は左SB・後半はボランチ


130972535.jpg

萌ちゃんはこの試合もスタメンで出場。

前半は左サイドバック、後半はボランチでプレーしました。

前半5分もしないうちに、CBで先発したメールレが太ももを負傷し、サンコに交代。

サンコは、今シーズン不安定なプレーを続けていましたが、この試合でもやはり安定感はなく

19分にポドルスキにスピードで振り切られ、先制点を奪われます。

24分には、萌ちゃんがペナルティエリア内でファールを犯しPK献上。

このPKもポドルスキが決め、前半で2-0と劣勢になります。

ハーフタイムでサンコはOUT。代わりに入ったのは2列目のゴギア。

カルゼン・ブラッカーがCBに入り、ボランチは3枚から2枚に変更。

前半ボランチだったダーヴィッツが左SBに。萌ちゃんがボランチに変更。

後半11分にも、軽いディフェンスでペシュコに追加点を許し、

3-0と完全に試合は決まってしまいました。

アウクスブルクは、ゴギアのシュートがポストに当たったくらいで

他はチャンスらしいチャンスもありませんでした。

3失点をしたことで、完全に集中力を欠きました。

後半30分には、怪我から復帰したトルステン・エールが一発レッドで退場。

本当にいいところもなく、完敗となりました。

終盤、萌ちゃんが前線からプレッシャーをかけようとする場面もありましたが、

チームはこれに反応せず、むしろポジションから離れるなと指示があったようです。

まったく機能しないチームを鼓舞したい気持ちだったと思いますが、

他の選手には伝わらなかったようです。

正直、このままではキツイかなぁと思います。

報道されている部分しかわからないので、断定的なことは言えませんが、

選手の意識も低いのかなって感じてしまいます。

前半戦残り6試合、年内に2勝目をあげられるか、非常に心配です。

130972461.jpg
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

[バイエルン・ミュンヘン]ニュルンベルクを一蹴

183回目のバイエルンダービーとなったニュルンベルク戦は、

前半に3ゴールを決めたバイエルンが危なげなく勝利。

後半にもマリオ・ゴメスが追加点を奪い、4-0でニュルンベルクを一蹴しました。

シュバインシュタイガーが素晴らしい活躍


1514542063-bayern.9.jpg

前半2分、バイエルンはあっさりと先制点を決めます。

ディフェンスラインのバドシュトゥバーが右サイドへロングフィード。

これをシュバインシュタイガーが芸術的なトラップで止め、綺麗なクロスボールをあげます。

このクロスをゴール前のゴメスが頭で合わせゴール。

ニュルンベルクディフェンスには、止めるチャンスがまったくないゴールでした。

19分には、左サイドで攻撃を組み立て、ラームがペナルティエリアに侵入。

ゴメスへの強いグラウンダーのパスを、ゴメスがしっかりと止め、

ペナルティエリア外で待っていたシュバインシュタイガーに落とすと、

シュバインシュタイガーの豪快なミドルシュートがネットを突き刺しました。

リベリーも1ゴールをゲット


1902616968-bayern.9.jpg

ニュルンベルクディフェンスは、バイエルンの攻撃に対して、あまりにも無防備だったように思えます。

39分には、リベリーが左サイドでボールを受けますが、前がつまってしまったために

一度ラームに戻しましたが、次の瞬間、ニュルンベルクディフェンスは、リベリーをフリーにしてしまいます。

フリーになったリベリーは、ラームからのパスを受けると、そのままドリブルでしかけ、

ペナルティエリアのやや外側からのミドルシュート。

ニュルンベルクディフェンスは、このシュートに寄せきれず、3-0。

マリオ・ゴメスは2ゴール


867145008-bayern.9.jpg

先制点を決めたゴメスは、後半にも1ゴールをゲット。

クロースからの折り返しに、触るだけでした。

これでリーグ戦10試合出場で12ゴール目。

今シーズンもハイペースでゴール量産しています。

ブンデスリーガ第11節 FCバイエルン - 1.FCニュルンベルク 4:0 (3:0)

FCバイエルン: ノイアー- ラフィーニャ、ファン・ボイテン、バドシュトゥバー、ラーム- ミュラー(77.オリッチ)、ティモシュチュク、クロース(74.グスタボ)、シュヴァインシュタイガー(70.アラバ)、リベリー- ゴメス

ベンチ: ブット、プラニッチ、宇佐美、ペテルセン

1.FCニュルンベルク: シュテファン- チャンドラー、ヴォルシャイト、クローゼ、プラッテンハルト- カマヴアカ、シモンス、ユート(46.ヘゲラー)、コヘン(46.ヴィースマイアー)、エスヴァイン(70.フランツ)- ペクハルト

主審: フローリアン・マイアー (ブルクドルフ)

観衆: 69.000 (完売)

得点: 1:0 ゴメス (2.)、2:0 シュヴァインシュタイガー (19.)、3:0 リベリー(39.)、4:0 ゴメス (68.)

イエローカード: グスタボ / ユート、コヘン
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

クラッキー(倉敷保雄)の本が出るよぉ!

スカパーのサッカー実況で有名なクラッキーこと倉敷保雄さんの本が出るよ!

ふたりサッカー 2試合目 (ジェッツコミックス) [コミック] / 倉敷保雄, あらゐけいいち (著); 白泉社 (刊)
ふたりサッカー 2試合目

というか、今日発売日です。

ふたりサッカーはこれが2冊目。

1冊目は、ちょうど1年前に発売されてます。

ふたりサッカー (ジェッツコミックス) [コミック] / 倉敷 保雄, あらゐ けいいち (著); 白泉社 (刊)
ふたりサッカー

まだ読んでない人は2冊まとめてどうぞ。

ふたりサッカーは、ヤングアニマルで連載されてるコラムなんですが、

(ヤングアニマルって、3月のらいおんとかが連載されてる漫画誌ね→リンク

倉敷さんの語り口調がそのままコラムになった感じで、

ビギナーから玄人まで楽しめる内容になっていると思います。

まぁ、好き嫌いはあるような気はしますけど。

個人的には、サッカーとはまったく関係のない話からいつのまにかサッカーと

結びつけて紹介している書き方は大好きで、自分もこんな感じでコラム書きたいなぁと

思ったりもするんですが、なかなか上手く書けなくて挫折中www

まとめブログの前半の方は、そんな感じで書いてたんだけど、

ネタ考えるだけでタイムオーバーのなっちゃうので、最近はそんな感じでは書けてない。

またいつか再チャレンジしようと思ってるんだけど。。。

まぁ、自分の話はおいておいて、「ふたりサッカー」本屋さんで探してみてね!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。