2011年05月19日

原口元気−飛躍の年

20110517-00000606-san-000-0-view.jpg

5月16日から3日間行われたU-22日本代表合宿が終了しました。

最終日の昨日は、FC岐阜とのトレーニングマッチが行われ、2-0でU-22日本代表が勝利。

原口元気は、前半のみの出場でしたが、1ゴール1アシストと、

全ゴールに絡む活躍とのことでした。

20110518-00000033-maip-000-1-view.jpg

U-22日本代表は、来年開催されるロンドン五輪出場を目指すカテゴリーで、

元気と同じポジション(2列目)には、ドルトムントで活躍する香川、

A代表経験のある金崎夢生、フェイエノールトの宮市、

ガンバ大阪の宇佐美(バイエルンが獲得するという噂も)、

マリノスで10番を背負う小野裕二、この年代で常に中心選手だった水沼宏太(栃木SC)、

名古屋の永井謙佑、セレッソの清武弘嗣、大宮の東慶悟、

浦和の山田直輝と、実力者がかなり居ます。

(毎回、名前を挙げるたびに何人か忘れてしまう。。。苦笑)

香川は、A代表優先ということで予選には参戦しないとのこと。

金崎は、現在負傷中ですが、まだU-22には招集されていません。

宮市もまだ招集されていませんが、本人は意欲満々という報道。

アーセナルが拠点としているロンドンでの五輪ですし、

イングランドでの就労ビザの関係もあり、

アーセナルとしても代表の活動に参加するのはありがたい話かもしれませんね。

(特別措置が取られず、来シーズンもアーセナルでプレーできないとしたら)


20110518-00000300-sph-000-1-view.jpg

全選手の事情を書くと、長くなってしまうので、省略しますが、

こういったメンバーが居るポジションで、今年になってから

ようやく招集された元気ですが、宇佐美や小野が不在だった

今回の代表で、しっかり存在感をアピールすることができたようです。

news_6886_2.jpg

攻撃的なポジションですので、なによりも求められるのは結果です。

浦和でも今シーズン3ゴールと低調なチームの中で結果を残しています。

個人的には、チームがあまりにも不調なことが、元気にとってはプラスになっていると思います。

20110519-00000045-spnannex-000-0-view.jpg

まずは、6月19日に行われるアジア2次予選・クウェート戦で結果を残すことが大事です。

代表選考は非常に残酷です。

がんばって予選を勝ち抜いたメンバーが、本戦に出場できない。

なんてことはよくある話です。

予選でキャプテンを務めていても落選する選手も過去に居ました。

本来のポジションではないポジションで起用され、

その後、ワールドカップに出場、海外クラブに移籍した選手も居ます。

五輪がピークで、その後A代表に呼ばれていない選手も数多く居ます。

U-22での経験がどう左右するかは、その選手次第ですが、

まずは、五輪出場に向けて、元気がどうステップアップしていくのか

注目していきたいと思います。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

フィンケ退団について

移籍関連や契約解除などいろいろ情報が出てきたので、

いろいろ書きたいことがたくさんあるのですが、

なかなか時間がとれなくて、更新できずにモヤモヤしてたりしますが。

とりあえず、フィンケの退団について、自分なりの考えを書きたいと思います。

みなさん、いろんな意見があると思いますが、あくまで

私の意見として、読んで頂ければと思います。



一部の主力に頼った個人プレーから脱却して、新しいスタイルを構築する。

そのためには、時間がかかる。

という部分には、賛同するし、それでこれまでよりも強くなれるのなら

それでいいと思うけれど、でも、だからと言って、

突出した能力のある選手はいらないとか、優勝は狙わないというのは

違うと思う。

最近の入場者数の減少は、人気選手の流出だけが原因だとは思わないけど、

でも、そういった選手が居なくなって、浦和の魅力が減ったのは、

間違いないと思う。

まず、突出した選手なしで、パスサッカー、コンビネーションで崩すサッカーを

目指すのは、中位グループのチームがやればいいと思う。

いわゆる予算規模の小さいチームがやればいいことで、

Jで一番予算を持っている浦和がやることではないと思う。

突出した選手が居た上で、組織力で勝つのがビッグクラブの目指すスタイルで、

浦和には、そこを目指して欲しかった。

残念ながら、今の浦和には、そこまでの力がなかったというのが印象で、

なんで優勝狙わないんだ?と文句を言う選手を丸め込めるだけの力が

フロントにもスタッフ陣にもなかったと思う。

ずいぶん器が小さくなったな・・・と思った。

文句を言うならおまえはいらないよって移籍させといて、それでも優勝しちゃうならいいけど、

移籍先のチームが優勝しちゃうって、大失態もいいところ。

海外に移籍した選手も居たけれど、その補充もなかったのも残念。

若手にシフトするのは、もちろんいいことなんだけど、

それでスケールダウンしてはダメだと思う。

怪我人続出というのもあったけど、スタメンを決めるのも難儀するようなチーム状態で

組織力を高められるとは思えない。

現状のチーム構成に満足しているのはいいけれど、有事にはすぐに動けるような

強化部のパフォーマンスが見たかった。

現状のチームで満足って言って、オフに補強しないで失敗するチームは結構あるけど。

浦和の場合は、2005年がそうだったよね。

あの時は、夏にポンテとトミーを獲得して、最終戦まで優勝争いに加わってた。

チームを強化する上で、「優勝」という目標は、絶対必要だと思う。

チームスタイルを確立していく上で、スピリットという部分は非常に重要なポイントだと思うし、

浦和には、それがあったはず。

それがこの2年間で、ほとんど感じることができなかった。

いいサッカーをしようというのは、伝わってきたけど、勝ちたいという気迫は

あまり伝わってこなかったと思う。

この1戦は、絶対に勝たなければならない。この相手には絶対に勝たなければならない。

という気持ちは感じられなかった。

先日の試合で、交代して入った選手のコメントで、「監督からの指示は特になかったけど」

と言っていた選手が居たけれど、監督は「言わなくてもわかる」と思っているのかどうかは

知らないが、そういった時に、しっかりと意図を伝えることが、チームの成熟には

必要だと思う。

よく、なんでこの交代をしたのかわからないという試合があるけれど、

選手がよく理解していないんじゃないか?と思う。

「絶対にゴールを決めてこい。おまえが試合を決めるんだ」と送り出してほしい。

確かに、フィンケになってパスはつながるようになったと思うけれど、

サッカーの質、チームの質という部分では、個人的にはほとんど納得できなかった。

次の監督、コーチ陣がどういうサッカーを見せてくれるかはわからないけど、

見ていて、熱くなるサッカーをしてくれることを期待したい。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

[日本代表]細貝萌が日本代表初選出

81b1c2ba42ffbe861c61e68db5ae73cc-o.jpg

今日、発表された日本代表に細貝萌が初選出されました!

北京五輪にU-23代表として出場してから2年。

レッズでは、スタメンをはっていますが、ようやく代表にも呼ばれました。

今シーズンは、キャプテンをベンチにおいやって、阿部ちゃんと

ボランチを組んで出場する試合が多かったわけですが、

阿部ちゃんがイングランドへの移籍の動向もあり、

その代役的な形で、初選出されました。

まだまだイエローカードをもらう頻度が高かったりしますが、

豊富な運動量とアグレッシブな攻守のプレーは、

日本代表の中にもいないタイプのボランチだと思います。

出場機会があるかどうかはわかりませんが、

しっかりアピールしてほしいですね。

2010.08.27
いつも応援ありがとうございます!!

初めてのA代表に選出して頂き、
このようなメンバーと一緒にプレー出来ることを光栄に思っています。

今は浦和レッズの選手として明日の鹿島戦に集中し、
勝利を収められるように精一杯頑張りたいと思います!!

また、代表でも活躍できるよう、日々のトレーニングに励む次第です。

本当にありがとうございます。

Hajime Hosogai.

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

ブンデス帰りの松永

チャンピオンズリーグのセビリア戦の決勝ゴールを決めた本田圭佑が

こんなことを言っております。

「日本人初とか興味がない。僕が目指しているところははるか上なんで」

このくらい自己主張が強い人が、チームに一人、二人居ると

チームの雰囲気も変わってくるんでしょうね。

最近は、こんな選手が少なくなってきたような気がします。

でも、そういう主張の強い選手は、フィンケ好みではないかもしれないですね。

勝手な想像ですけど。

でも、ドイツで指揮をとっていた頃は、そのくらい自己主張の強い

選手ばかりを相手していたんじゃないかって思うんですが。

その辺、どうなんでしょうね。

さて、ブンデスリーガのシャルケに所属していた

松永祥兵が、浦和の練習に参加しているとのことです。

練習を見に行って、フィンケにフェンス越しに

自分をアピールしたとか。

最近の浦和は、エレベーター式に乗っかった選手が多いので、

こういう異色の選手には、非常に期待してしまいます。

ユース上がりの選手がダメということを言いたいわけではないです。

もちろん、ユース上がりの選手にも非常に期待してます。

もう後がないというところに居る選手の強さを見たいですね。

ポジションは、FWもしくは、中盤のサイドができるようです。

達也、原口やセル、怪我で出遅れているサヌ、梅崎とタレントの多い

ポジションですが、生き残ることができれば、

面白い存在になりそうですね。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

先発復帰のタイミングは?

怪我でスタメンをはずれている高原とリハビリ中の啓太の先発復帰はいつになるのかが、ひとつの見所です。

まず、高原についてですが、「コンディションが良ければスタメン」ということはないような気がします。
加入後なかなか得点の取れなかったエジが、ここのところゴールを決めているし、開幕当初は控えだった永井が、今ではチームの中心です。
もし、コンディション不良以外で、永井をスタメンからはずすようなことがあれば、それこそ監督更迭じゃないのかな?
エジと永井の活躍ぶりを考えると、すぐにスタメン復帰はないような気がしますね。
可能性としては、1トップ2シャドーの山田さんのポジションでしょうか。
正直、山田さんの最近のプレイには、かなりの混乱が見られます。
交代で入る梅崎の方が、ゴールに絡んでますね。
磐田戦、それ以降の前線の人選は、注意を払うべきです。

そして、ひざの裏を怪我した啓太ですが、こちらもまもなく復帰でしょう。
今、ボランチは、萌と闘莉王が組んでいますが、啓太が復帰した場合、どのような組み合わせになるでしょうか?
闘莉王は、予想以上にボランチでの存在感を示しています。
ただ、シーズンを通して、ボランチ固定はないんじゃないかと思います。
予想としては、闘莉王をディフェンスラインに戻し、啓太と萌のボランチにするのではないかと思っています。
確立で言うと「啓太・萌」>「闘莉王・啓太」>「闘莉王・萌を継続」>「阿部・啓太」の順のような気がします。
高原と違い、啓太の場合は、2004年からゲルトと一緒にやってきているわけだし、その中で常に中心メンバーだったわけですから、相当の信頼があると思います。
そして、萌も最近のパフォーマンスは、スタメンに値する活躍だと思います。
問題は、長谷部移籍で失ったボランチからの攻撃力を、どう補うかでしょうか。


さて、最後に坪井についてです。
坪井のスタメン落ちが、一時的なものなのかどうかは、正直わかりません。
堤に関しても、まだ十分なパフォーマンスは発揮できていないと思いますが・・・
スタメン復帰のタイミングは、現在スタメンの負傷などによる欠場か代表組が抜けた時じゃないかと思います。
ボランチのところでも書いた通り、闘莉王がディフェンスラインに復帰するのではないかと思っています。
そうなると、阿部、闘莉王、堀之内の組み合わせになるような気がします。
まずは、坪井自身がコンディションをあげることが先決です。
その上で、組み合わせがどうなるかだと思います。

昨年は、ナビスコの予選が免除されたことにより、代表不在の公式戦がありませんでした。
そのため、若手の経験の場がなく、めどが立てられないため、メンバー固定という選択になった部分もあると思います。
今年は、監督交代の良いタイミングで、ナビスコ予選が2試合あり、その結果、堤がスタメンを獲得したとも言えます。

まずは、この先数試合のメンバー構成がどうなるか、ゲルトがどういう采配をするのか、注目していきたいと思います。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

西澤代志也に期待!

先日、A代表と五輪代表が不在の時のボランチの話を書きましたが、それと同じ状況でグアムキャンプでの練習試合が行われています。

佐川急便SCとの試合では、西澤代志也がボランチで先発して、2ゴールと活躍したようですね!
これは、ボランチ不在のチームには、明るいニュースですね。

トップ下不在の時の3トップも試されたようで、ポンテと梅崎不在の時の準備も進んでいるようです。

まだまだコンディションをあげるための練習が中心なので、コンビネーションはこれからだと思いますが、徐々に、今シーズンの姿が固まってきましたね。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

スタメン予想

スタメン予想してみました。

 エジ 永井
  ポンテ
平川   山田
  林 内舘
 近藤 坪井
   ホリ

   山岸

あっ、開幕のスタメン予想じゃないですよ。
代表と五輪代表が抜けた時のスタメンです。

今回、代表が東アジア、五輪がアメリカに行ってしまって、気づいたんですが・・・

ボランチがいない!!

というか、結構やばくないか??
代表多すぎだよなぁ。
代表に呼ばれない長谷部の存在は大きいなぁと感じます(苦笑)

昨日の合宿の紅白戦では、高卒ルーキーの林がボランチで出場したみたいですね。
自分としては、ユースの山田直輝を2種登録して、起用しても面白いんじゃないかと思ってます。

これで怪我人が出てたら、本当にどうするんだろう・・・。

まだちゃんと年間の試合予定を見ていないので、どれだけ代表と五輪が同時に居ない時期があるのかわかりませんが・・・少なくとも8月は北京と札幌での親善試合(A代表)とナビスコの東京戦がかぶっているようです。

夏までに新戦力を補強するのか、それとも現存メンバーでまかなうのか、もう少し状況を見てみたいと思います。
若手には、よい実戦経験の場になるので、自分的には、どんなメンバーでもいいと思うんですけどねぇ。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

坪井が代表引退を発表・・・、

先日、坪井のコンディションが心配っていう記事を書きましたが、ビックリすることに、坪井が代表引退することになりました。
これからは浦和に専念するようです。

代表に行っても、試合に出れない日々が続いていたので、本人も不満を抱えていたみたいですね。


高原はコンディション不良で、東アジアは回避。グアムでコンディション調整をするようです。
これに他のチームからは、かなり不満が出ているようですが。
それと、巻は、やっぱり肋骨を骨折していたみたいですね。
折れてると思ったんだよなぁ。もっと早く検査しとけYO!!
代表チームドクターには、もっとちゃんと仕事をやってもらわないと困りますね。
代表に行った選手が、怪我をして帰ってくるほど、チームにとってマイナスなことはないですから。

怪我といえば、家長が靭帯をやっちゃったみたいですね。
北京は絶望的だそうです。

サッカーショップ加茂 日本代表NEWモデル!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

代表戦を見て、思ったこと。

昨日のさいたまスタジアムは寒そうでしたねあせあせ(飛び散る汗)
雪の新潟って、印象に残ってるんだけど、さいたまスタジアムで雪ってイメージはないなぁ。

代表3試合を終えて、ちょっと気になっていることがあります。
それは、坪井のコンディション。

昨日は、ベンチ入りもできませんでした。
まだ、浦和の方が、始動したばかりなので、コンディションを比べると代表に行っている選手の方が良いと思うのですが、これから東アジア大会もあり、その間、坪井が試合に出れなかったりすると、コンディション面でもマイナスになるような気がします。

今シーズンのDF陣は、ネネが抜けて、近藤が復帰しただけで、去年とは大きく変わりませんが、代表の坪井でもポジションが保障されているわけではありません。
オジェックは、4バックもオプションとして考えていると思うし、3バックだとしても、組み合わせによっては、外れるケースもありえます。

個人的には、開幕スタメンは、ボランチに萌。3バックに闘莉王、阿部ちゃん、堀之内というのを、予想しています。
もちろん、キャンプでの仕上がり具合にもよりますが。


TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 浦和レッズ 世界への挑戦
TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 浦和レッズ 世界への挑戦

サッカーショップ加茂 日本代表NEWモデル!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

BIG WEDENSDAY!!ACL初戦

日刊にこんな記事が載っていましたね。

浦和戦がACLでJホーム最多観客に

 浦和−ペルシク・ケディリ戦がJクラブのACLホーム戦で過去の最高の入場者を集める。試合前日6日の段階で3万8131枚のチケットが売れた。これまでは06年5月のG大阪−全北現代戦の1万2470人が最高だったが、大幅に更新することになりそうだ。クラブでは約4万人の入場者数を期待し、当日券も発売する。


ACLというカテゴリで見れば、3万8000人という数字は大きいかもしれないけど、レッズサポとしては、とても寂しい数字ですね。
恐らく、スタジアムでも物足りなさを感じてしまうと思います。
海外チームを読んでのプレシーズンマッチを考えると、それでも多いのかもしれませんが、ACLは興行的な要素の多いプレシーズンマッチではなく、真剣勝負の場です。
水曜ナイターの埼玉スタジアムということで、参戦したくてもできない人も多いと思います。
出場することに意味があるのではなく、制覇することに意味があるACLです。
アジアの頂点へ。その戦いが今日、開幕します。

↓クリックすると大きいサイズで表示されます↓
BIG WEDENSDAY!!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

新ユニを予約してきました。

新しいユニフォームが発表されたので、早速オーソリティで予約してきました。
自分が予約してきたのは、赤羽店。
去年は電話予約ができたので、今年も電話で・・・と思って電話したら、電話予約は受け付けてないとのこと。
ちょうど外出する予定があったので、お店に寄って、予約してきました。
赤羽店での取り扱いは、SAVASのホーム半袖のみとのことです。
ACL用のDHLの方は取り扱いがないので、もし赤羽店を利用する予定の人は注意です。
あと、マーキングですが、まだ入荷未定とのことです。
たぶん入荷すると思うけど。2月中旬にはわかるとのことなので、その時に追加で予約できるようです。

ちなみに川口店と熊谷店は電話予約もできるとのことです。

ちなみに06シーズンは5990円(だったと思う)で売ってました。
残り少なくなってるようなので、まだ入手してない人はお早めに。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

来年の左サイドは?

アレのザルツブルクへの移籍が決まりましたね。
来年の左サイドはどうなるのか、今から楽しみなような、不安なような・・・。

相馬をスタメンで起用するのか、獲得が噂されているアレックス・シウバなのか、もしくは・・・

個人的には、永井の左サイドが見てみたいです。
今季はベンチ生活が長かったのですが、やはり永井は、もっと長い時間ピッチにいるべき選手です。
平川を左サイドに、永井を右サイドにというのも良いと思いますが、なんとなく永井の左サイドが見てみたい!
なんかカッコよくない??
すみません・・・ただの願望です(笑)

他には伸二の左サイドというのもあるかもしれませんね。
代表では、トルシエ時代に左サイドをやってましたから。
酒井というのもあり。

アレが抜ける穴を心配する声も多いのですが、器用な選手が多いので、何人かコンバートできる選手はいると思います。
国内を見ても、左サイドはなかなかいい選手が居ませんからね。コンバートしても面白いと思います。
萌を左サイドで起用することが何度かありましたが、やはり萌はセンターの方がいいような気がします。
後半からの短い時間だったら、問題がないと思いますが。

大穴で坂本くん?
まだトップに絡んできてませんが、2年目あたりで期待したいですよね。

ちっしーが残ってたら、ちっしーをイチオシするんだけど。残念です。

そう考えると、アレックス・シウバを獲得しちゃうと、なんか楽しみが減るような気が(失言)
阿部ちゃんセンターで、長谷部が左に回っても面白いと思う・・・

去年は、伸二が戻ってくるということで、どんな布陣になるか、わくわくしながら迎えた開幕。
今年は、アレの穴を埋める選手をあれこれ考えて、開幕を迎えることになりそうです。
気持ちとしては、やっぱり今居る選手で、コンバートというのが、楽しくていいなぁ・・・開幕当初はフィットするまで大変だと思うけど。
その前に、相馬には無条件でがんばってもらわないといけないわけですがw
2月13日のザルツブルクとバイエルンとの試合で誰が左に入るかが見ものですね!

その辺、オジェックの手腕が楽しみです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

ディフェンスライン

久しぶりの更新です。
更新してない間も、レッズの試合はチェックしてたんですが、なかなか更新できませんでした。

さて、今日は日本代表。
レッズからは、長谷部、啓太、三都主、山岸の4人が招集されています。
トゥーリオも合宿には、顔を出したようですね。

先週の京都戦で、バックラインのトゥーリオと坪井が負傷してしまいました。
選手層の厚いレッズの中では、最も控えに不安があるポジションです。
不安と言っても、ほかのチームに比べると、全然レベルは高いと思いますが。
トゥーリオに関しては、軽傷で千葉戦には、出場できる可能性もありますが、坪井は2〜3週間かかりそうです。
控えには、ネネ、うっちーと信頼のできる選手がいますが、やはりいきなり3人中2人を入れ替えるのは不安があると思います。

逆に言えば、チャンスでもあります。若手にとっては。
去年の天皇杯は、帰国していたトゥーリオの代わりを細貝が埋めました。
今年は、ここまでなかなか出番が回ってきませんでしたが、今週末はチャンスです。
最近、サテライトの試合を見る機会がなかったので、状態がどんな感じかわかりませんが、レポートを見る感じでは、怪我からかえってきてからは、ディフェンスで出場することも多いようです。
同じく去年の天皇杯の決勝で戦った清水の青山は、今年はすっかりスタメンに定着し、日本代表にも招集されています。チーム事情が違うので、仕方ない部分もあります。
細貝には、ここでしっかりアピールして、試合に絡んでほしいです。

もう一人、ディフェンスでは堤にも、期待したいです。
U-19では、常に招集されているし、ルーキーですが、トップの試合にも絡んできてほしいです。

少し、不安があるのは事実ですが、選手層を厚くする、若手がアピールするチャンスです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

大山俊輔について

中村祐也がナビスコ予選ホーム東京戦でベンチ入り、
千島がナビスコ予選アウェー福岡戦でベンチ入りしました。
試合には出れなかったものの、去年1年、怪我で苦しんだ若手がベンチ入りする嬉しい出来事でした。
去年怪我で苦しんだといえば、もう一人、大山俊輔もその一人です。
ボランチ、左右のウィングバックと複数のポジションを起用にこなすユーティリティプレイヤーです。
2004年シーズンに、高校生ながらJリーグの試合(2ndステージ優勝決定の翌試合、アウェー柏戦)に出場し、さらに期待された去年。
去年は、サテライトリーグにも何試合かに出場しましたが、調子を上げると怪我をしてしまうという感じで、本当に苦しみました。
特に終盤戦、出場停止や怪我でサイドの選手が試合に出れない状況では、サテライトの選手にはアピールする絶好のチャンスだったんだけど、大山も怪我でチャンスをつかむことはできませんでした。

同期の赤星、萌には遅れをとっており、去年同じく怪我で苦しんだ千島、中村、今年から加入した西澤、坂本とライバルは多いですが、怪我せずに、しっかりアピールして、トップの試合に絡んでほしいです。


と、今回、大山のネタだったのは、昨日のMDPに大山のインタビューが載ってたからです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

若手にチャンスです!

ナビスコカップ予選、アウェーの福岡戦。
出場停止と連戦の疲労を考慮された布陣で臨むことになり、若手には大きなチャンスになります。
レッズプレスには、ちっしーがベンチ入りと書いてありました。
他にも赤星、萌、セルあたりにもチャンスがあるんじゃないかと思ってます。
特に中盤は、ポンテが出場停止、啓太とアレが体調面で欠場。この試合から復帰の伸二と好調の長谷部がトップ下に入った場合、ボランチは酒井と萌になる可能性もあります。
ボランチを酒井と長谷部にして、トップ下に山田っていう可能性もありますが。その場合は、平川が右で、途中から永井か岡野に交代でしょうか?
セルのスタメンというのも考えられますね。
誰が起用されるとしても、いつもと違うメンバーになることは間違いないので、ホントに楽しみです。
特にちっしーは、2004年のナビスコ準決勝の名古屋以来です。
昨年は1年間怪我に悩まされ、去年の終盤のサテライトの試合に帰ってきてくれた時は、本当に嬉しかったものです。

そんな大事に限って、現地には行けず、テレビ放送もないっていうのは、ホントにつらいです。
金曜日のGGRを楽しみにしています。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

若き戦士帰還

川崎戦、荒れましたね。
とにかく勝てて良かった!
(ちゃんとレポ書かずにごめんなさい^^;)

次の試合までは少し期間が短く、木曜には天皇杯です。
レッズプレスを読む限りでは、主力の何人かは休むそうです。

そして、本日、U-20の遠征から萌と赤星が帰ってきました。
チームはU-23タイ戦は0-2で負け、U-23マレーシア戦は4-0で勝ち
U-23ベトナム戦は1-2で負けの1勝2敗でしたが、
萌は3試合フル出場、赤星は1試合目フル出場で残りの2戦はベンチスタートで
後半15分からプレイしたようです。
U-20ベストメンバーではなかったとはいえ、
しっかりゲームに出て、良い経験をして帰ってきてくれたと思います。
サテライトの中では、萌と赤星が一番トップに近いので、
ポジション次第では天皇杯でもチャンスがあると思います。

リーグは終盤戦で、毎年、けが人や出場停止で出れない選手が
出てくるこの時期に、1年間サテライトで経験を積んだ選手が
チームのために、そして自分のために、活躍するチャンスです。
翌週にはガンバ戦もあるので、スタメン組にしっかり休んでもらえるように
天皇杯では、代わりにがんばってもらいたいです。

残念なのは、去年トップでの出場経験のある大山が、左足の骨折で
この時期にプレイできないこと。
特にサイドの選手は、平川が筋肉系のトラブルで長期欠場の見込みで
永井も腰痛が完治していない、
アレも代表戦があるので、今の好調をキープできるか難しいところ、
岡野も怪我から帰ってきたばかりと、選手が少ないので、
怪我さえしていなかったら、大山にもチャンスがあったはず。
下からあがってきた西澤くんにはまだ早いかな?
トップチームでどこまでできるか見てみたい気もするけど。

祐也とちっしーは、トップの試合に出れるのかな・・・
サイドのプレイは(特に守備の)負担が大きいのできついかもしれないけど、
トップチームでどこまでできるまで回復してるのか、見てみたいですね。
また怪我をするのが怖いけど^^;

とにもかくにも、天皇杯、誰が出てくるか楽しみです。

(実はまたチケとりすぎて、メインスタンドが1枚余ってたり^^;欲しい人いますか?)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

Football spam Baton

回ってきたので、最近流行のバトンです。

----------------「Football spam Baton」-------------------
1.Number of your soccer video (DVD)
 あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数

買ったのは1本だけです。
去年のレッズの2ndステージのDVD

2.People who patronizes it now
 今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

細貝萌&赤星貴文
 ここのところ、トップチームでもチャンスをもらえてるし、
 将来のレッズ&日本代表の中盤を支えていく選手になってくれるはず!

ポドルスキー(ドイツ)
 コンフェデでも大事なゴールを決めましたね!
 ドイツ代表のFW陣は他の強豪国と比べると、見劣りすると言われるけど、
 06年、自国開催のワールドカップで大活躍してくれるんじゃないかと
 期待してます。
 もちろん、シュバインシュタイガーにも注目!

3.The GOAL I remained
 印象に残っているゴール

98年ワールドカップでのベルカンプのゴール。
後ろからのパスを、トラップしてゴール!
あの芸術的なトラップはかなりのインパクトでした。

去年のナビスコ予選。ジェフ戦の岡野の決勝ゴール!
1点ビハインドで、終了間際に長谷部が決めて、同点。
その直後、岡野が難しいシュートを決めて、逆転勝ち!
駒場だったこともあり、ナビスコ予選リーグ突破が微妙だったこともあり、
すごい試合でした。この試合がベストゲームです。

4.Five players favorite of me, or that mean a lot to me
 好きな、または特別な思い入れのある選手5人

トーマス・ヘスラー(ドイツ)
 ヘスラーが現役バリバリのときは、なかなか映像で見ることができなくって、
 あまり印象に残ってるプレイとかは少ないんですが、
 ドイツ代表が一番好きだった。

ユルゲン・クリンスマン(ドイツ)
 現ドイツ代表監督なので、結構知ってる人も増えたかな?
 キャプテンとして出場したEURO96での大活躍はすてきでした!
 監督としても、結果を残してほしいです。

ヘルツォーク(オーストリア)
 バイエルン時代のレプリカ持ってます。
 当時は、クリンスマン、スフォルザと好きな選手がいっぱい所属してました。
 その中でも「東欧のマラドーナ」と呼ばれていた、ヘルツォークが好きでした。

山瀬功二
 スタジアムで応援するようになって、初めて好きになった選手です。
 怪我との戦いで、今年からマリノスに移籍してしまいましたが、
 気持ちの整理がつくまで、だいぶ時間がかかってしまいました。
 もう去った人ですが、がんばってほしいです。

赤星鷹
 もちろん実在する選手ではなく、Jドリームという漫画の主人公です。
 今年、レッズに赤星貴文が入団することになり、すごくわくわくしましたw
 サッカー漫画は、シュート、ファンタジスタ、キャプテン翼、ホイッスルと
 好きな漫画が多いですが、その中で、鷹は別格の存在感ですね。

5人って難しいですね・・・
好きな選手はいっぱいいるし、書きたい選手もいっぱいいるんですが・・・
もちろんレッズの選手も好きだし・・・
また機会があったら、書きたいです。

5.One-Five people to whom I'm passing the baton
 バトンを廻す1〜5名

裏でこっそり何人かに回しておきます。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 01:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

セカンドステージチャンピオンへの軌跡!

redsDVD

年末年始に帰省していたこともあり、
ようやく、本日届きました♪
さっそく鑑賞☆

内容は・・・
2ndステージ全試合のハイライトを収録してます。
テレビでも結構流れてた映像がほとんどなので、
みどころ的なところは少ないですが、
何年かして、久しぶりに見るのはとてもいいかもですね☆

選手のコメントなんかも収録されてたら、
もっと良かったんだけどなぁ・・・
と思ってみたり。
でも、やっぱり何年か経ったときに、
このDVDとスパサカや報道ステーションの
レッズ優勝特集の録画と一緒に見るんだろうなぁ
と思いました。

まだ購入してない人は、優勝の記念に購入してみてはどうですか?
浦和レッズ 2004 Jリーグ セカンドステージチャンピオンへの軌跡!
アマゾンで買うと、多少安くなるようです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

山瀬の移籍騒動に思うこと。

もうマスメディアには露出しまくってるので
元ソースは載せませんが・・・

我らのKING山瀬の移籍問題。
もちろん、山瀬はかめ。が一番好きな選手です。

・・・
マスメディアが移籍問題に食いつくのはいつものことで
とりわけ、オフシーズンは、その話題がニュースの中心。

Jリーグはプロ野球に比べて、移籍だのトレードだの
新戦力だののニュースって少ないし、話題性も薄い。
欧州リーグはストーブリーグとはいえ、
移籍は6月がほとんど。

で、たいていの場合は、誰かが、ぼそっと言った程度の
「〜かもしれない」レベルの話や
「〜だったらいいなぁ」的な話が、大きく取り上げられ
いつのまにか、本人の知らないところで移籍することになっている。

今回の山瀬の場合も、代理人と契約したっていうのは事実で、
それ以外は、ほとんど推測。ニュースソースも
信用できるレベルの記事ではないと思う。

心配なことは、代理人が本人の希望を無視して
移籍させてしまうことかな・・・。
レッズサポのほとんどは、レッズに残ってほしいと思ってると思う。
レッズのKINGは山瀬で、レッズの中盤には、山瀬がいないとダメ!
と思っていると思う。少なくともかめ。はそう思う。

でも、山瀬本人からしてみれば、
レッズサポの大きな期待に、怪我で満足なシーズンを送れずに
苛立ちや焦りがあるんだと思う。
あくまで推測だけどね。

メディアが騒ぎすぎてる。
レッズのニュースは、日本サッカー界の中で
特に注目される素材だからというのも大いにあると思う。
山瀬本人、代理人、そしてレッズ側が、
そのメディアにどういう反応を示すのかわからないけど、
双方が納得して、契約更改をしてくれることを
願っている。
待ってるぞ!山瀬!!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 01:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

アテネ世代(4) 田中マルクス闘莉王

前回からだいぶ間があいてしまいましたが・・・
アテネ世代、ラストは闘莉王です。

2ndステージ終盤の大事な試合で
決勝ゴールを決めましたね。
必ず何かやってくれる男です。

闘志むき出しのプレイスタイルと
ピッチ外でのユニークなキャラとのギャップが激しいですが
かめ。が闘莉王を好きになったのは
そんなところです(笑)

一番のきっかけはやっぱり、やべっちFCの
しりとリフティングに出演したことですね。
それまで、あまりどんなヤツなのか、よくわかりませんでしたが、
やべっちFCを見て、
「あっ、いいヤツだw」
と思いました(笑)

初めて生でプレイを見たのは、1stの鹿島戦ですね。
ちょうどGKの目線で試合を見れる位置で見ていたのですが、
闘莉王の背中は、頼りがいがありました。
まだディフェンスは連携もいまいちで試行錯誤という感じでしたが
啓太と話し合いながら、いろいろ試しているのがわかりました。

これまで挙げてきたアテネ世代の3人は
選手個人として、こうなってほしいというのはあったんですが、
闘莉王に関して言うと、選手個人として・・・というより
日本代表として、世界の舞台で活躍してほしい。
という気持ちです。
日の丸を背負って、世界の舞台で強豪国のエースストライカーを
抑える姿を早く見たいですね。

アテネでは、闘志が空回りしてる感じがしました。
ブラジル出身といっても、世界での経験はなかったわけですし、
仕方ない部分もあると思いますが、
これから多くを学んで、日本を代表するDFになってほしいです。

当面の代表でのライバルとなるのは、宮本や松田ですね。
闘莉王のコンディションさえ良ければ、自力でポジションを取れると思います。
しいて足りない要素を挙げるとすると、やっぱり「経験」かな。


・・・と、大好きなレッズのアテネ世代の4人に対する思い(?)を
書いてみましたが、やはりこの4人がいるから、
レッズを応援してるんだなぁと改めて思っています。
(もちろん、他の選手も好きだし、OBにも好きな選手がいっぱいいるけど。)
でも、やっぱりこの4人の影響力は大きいと実感。

他にも平川や永井etcのことも書きたいと思っているので
機会があれば、ぜひ。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。