2011年06月30日

関口訓充、和を乱し自宅謹慎[ベガルタ仙台]

先にちょっとお知らせです。

ツイッターで知りあった仲間とブンデスリーガのまとめブログを始めました!

というか、昨日オープンしました。

現在、自分が担当するバイエルン・ミュンヘンのほかに、

ドルトムント、レヴァークーゼン、マインツ、ヴォルフスブルクの5チームの

ファンが記事を書いています。良かったら、こちらも宜しくお願いします。

Die Bundesliga Magazin

さて、ここからはベガルタ仙台の話題。

関口が自宅謹慎


なんと、関口が和を乱す行為をし、自宅謹慎中とのことです。

新聞報道によると、途中出場となった甲府戦の試合後に

喜びの輪をつくるイレブンの中に入らず、サポーターにあいさつする際も1人でその場を去ろうとし、ふてくされた態度が見られた。


とのこと。

また、遠征メンバーから外れた清水エスパルス戦の居残り組の練習に遅刻したため、

自宅謹慎の制裁を受けることになったようです。

次節、ホームでの名古屋グランパス戦は欠場。

復帰がいつごろになるかは、本人次第のようです。

今シーズン、ベガルタが好調な要因は、間違いなく地元が被災したこと。

それで、いつも以上にがんばれている。

チームの結束力も高まっているし、それが終盤での勝ち越しゴールや同点ゴールに

つながっていると思います。

週2試合の連戦も終え、開幕からの無敗記録も途絶え、

これからの夏場の戦いに向けて、改めて引き締め直さなければならないという

タイミングでのエースの処分ですが、関口本人にとっても、チームにとっても

この処分がプラスに作用することを期待したいです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

水曜開催J2第2節情報

更新が直前になって申し訳ないですたらーっ(汗)

今週はJ2が水曜開催になります。

水戸が味スタなので、見に行きたかったのですが、

今日は残念ながら行くことができませんたらーっ(汗)

普通に週末開催にしてほしかったなぁ・・・

地震の影響で延期になった試合なので、仕方ないですが。

さて、現在首位の栃木SCは、アウェーでサガン鳥栖との対戦です。

栃木SC、好調サガン鳥栖との対戦


Jリーグ第2節
サガン鳥栖 vs 栃木SC @ベストアメニティスタジアム
6月29日(水) 19時キックオフ
栃木SC 公式サイト
サガン鳥栖 公式サイト

首位栃木SC、4位サガン鳥栖の勝ち点差はわずか3。

得失点は同じ+10なので、ジェフ千葉、FC東京の結果次第では、

首位が逆転する可能性もある試合です。

栃木は、夏場に勝ち点をなるべく落とさないようにして、

終盤でしっかり昇格争いに絡んでほしいですね。

ホーリーホックは、ヴェルディと対戦


Jリーグ第2節
東京ヴェルディ vs 水戸ホーリーホック @味の素スタジアム
6月29日(水) 19時キックオフ
水戸ホーリーホック公式サイト
東京ヴェルディ 公式サイト

ホーリーホックは、13位の東京ヴェルディと対戦です。

ヴェルディといえば、オランダ・ユトレヒトに移籍が決まった

高木善朗が所属していたチーム。

高木はすでにユトレヒトに合流しているので、この試合には出場しません。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

[バイエルン・ミュンヘン]宇佐美がレンタルで加入

img_184257_4409036_0.jpeg

かねてから噂のあった宇佐美貴史のバイエルンへの加入が発表されました。

1年のレンタルで、その後完全移籍のオプションだそうです。

バイエルンの左サイドは、リベリの独壇場で、実力でスタメンを

勝ち取れるチャンスはゼロに等しいのが実情で、

今のところ、リベリは残留するし、リベリ以上の戦力の補強もなし。

ということは、新シーズンはリベリが主力ということになります。

バックアップとしては、昨シーズンのバックアップの一番手だった

ハミト・アルティントップがレアル・マドリードへ移籍したため、

今回、レンタルの決まった宇佐美の現実的なポジションは、

攻撃のバックアップの一番手ということになります。

ただし、ライバルは多くいます。

ボランチ、左サイドバックもできるプラニッチは2列目でもプレー可能、

レバークーゼン時代には、ハインケス(バイエルン新監督)のもとで

2列目の左でプレーしたトニ・クロースもスタメンの有力候補。

昨シーズンは怪我で棒に振ったオリッチも、怪我をする前は2列目でも

プレーしていました。(フィットはしてませんでしたが)

近年のバイエルンのサイドの傾向としては、独力で打開することが多かったです。

その前、ラームが左SBを務めていた頃は、シュバインシュタイガーとのコンビで

崩すことも多く見られましたが。

新シーズン、バイエルンがより個人技を優先するのか、それともコンビネーションに

重きを置くように変えてくるのか、現段階ではわかりませんが、

少なくとも宇佐美に求められるのは、独力でも打開でき、コンビネーションでも高いレベルで

実現できることでしょう。

新シーズンのバイエルンには、若い原石を育てる余裕はないはずです。

昨シーズンのリーグ戦での失敗、そして、地元で決勝が行われるCLと

2つのタイトルを狙っています。(もちろんポカールも)

1年レンタル・・・1年で結果を出せということでしょうね。

とは言え、ある程度のローテーションを使うという話もあったので、

全く出場機会を与えられないということもないでしょう。

宇佐美にとっては厳しい挑戦になりそうですが、

宇佐美がスタメンで活躍するようになると、フジNEXTでのバイエルン戦の

中継も多くなるので、バイエルンファンとしては歓迎ですけどね。

とりあえず、赤いユニフォームが似合うかどうか・・・そこが気になりますw
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

ベガルタ仙台、ついに無敗記録がストップ

00078648-B.jpg

ベガルタ仙台の無敗記録がついにストップしました。

Jリーグ開幕12戦無敗、ナビスコカップも入れると公式戦13試合無敗と

記録を伸ばしていましたが、今日行われた清水エスパルス戦で

0-1で敗れ、無敗記録がストップ。

ベガルタは、関口のコンディションがあがらずベンチ外でしたが、

柳沢が2試合連続のスタメン。

試合自体は、悪くない内容だったので、この黒星に落ち込まずに

次の名古屋グランパス戦に向けて調整してほしいですね。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

今週末のJリーグ情報:J1第18節、J2第18節

U-22日本代表、なんとか2次予選突破ですね。

まぁ、最初に苦労した方が、後々活きてくると思うので、

まずは、最終予選進出を喜びたいと思います。

さて、今週末のJリーグ情報です。

無敗記録はどこまで続く?、ベガルタはエスパルス戦


ヴァンフォーレ甲府に4-0で快勝し、無敗記録を12まで伸ばしたベガルタは、

アウェーで清水エスパルス戦となります。

Jリーグ第15節
清水エスパルス vs ベガルタ仙台 @アウトソーシングスタジアム日本平
6月26日(日) 18時30分キックオフ
ベガルタ仙台 公式サイト
清水エスパルス 公式サイト

ヴァンフォーレ甲府戦では、柳沢が先発出場し、チームに勝利をもたらしました。

14時キックオフということもあり、かなりの暑さの中での試合でしたが、

柳沢の経験とキープ力が活きました。

また、注目選手として挙げた中島が駄目押しのゴールを決めました!

清水エスパルスは、チームを作っている最中で、良い時と悪い時の差があるようです。

川崎フロンターレには2-3であと一歩のところで敗れたものの、

開幕の時に比べれば、かなり良くなっているようです。


モンテディオは、ホームで横浜FM戦


前節、サンフレッチェ広島に2-3で敗れたものの、

大久保が3試合連続ゴール、太田が初ゴールと攻撃陣にも

結果が出てきたモンテディオは、ホームに横浜Fマリノスを迎えます。

Jリーグ第18節
モンテディオ山形 vs 横浜Fマリノス @NDソフトスタジアム山形
6月26日(日) 19時キックオフ
モンテディオ山形 公式サイト


ホーリーホックは、ホームでFC東京戦


Jリーグ第18節
水戸ホーリーホック vs FC東京 @ケーズデンキスタジアム水戸
6月25日(土) 16時キックオフ
水戸ホーリーホック公式サイト


栃木SCはジェフと首位決戦


Jリーグ第18節
ジェフ千葉 vs 栃木SC @フクダ電子アリーナ
6月26日(日) 19時キックオフ
栃木SC 公式サイト
ジェフ千葉 公式サイト
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

アウクスブルク 開幕はフライブルクと。

21日に発表があったんですが、更新が遅くなってしまってすみません。

ブンデスリーガの組み合わせが発表されています。

細貝萌が所属するアウクスブルクの開幕から5試合の組み合わせを掲載します。

開幕戦はホームで、矢野貴章が所属するフライブルクと対戦します。

ともに、開幕戦のスタメンを勝ち取れるかは微妙なところですが、

開幕戦から日本人対決になるかもしれないですね。

開幕戦 8/6 or 7
vs フライブルク @ホーム

第2節 8/13 or 14
vs カイザースラウテルン @アウェー

第3節 8/19-21
vs ホッフェンハイム @ホーム

第4節 8/26-28
vs ニュルンベルク @アウェー

第5節 9/9-11
vs レバークーゼン @ホーム

第5節には、レンタル元のレバークーゼンとの対戦が待っています。

ここまでにスタメンに定着できるかどうかが、

最初の5戦のポイントになると思います。

チームはすでに始動していて、すでにスタメン争いは始まっています。

チーム初の1部でのシーズンが、あと1ヶ月ちょっとで開幕です。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小島秀仁公式戦デビュー!初スタメン&フル出場[浦和レッズ]

9試合未勝利だった浦和ですが、4人のスタメンを入替え、最下位アビスパ福岡に3-0で勝利!

ようやく長いトンネルを抜け出しました。

この試合、ボランチで起用されたのは、高卒ルーキーの小島秀仁。

1066.jpg

前橋育英から加入したプラチナ世代のひとりです。

今シーズンの浦和のボランチは、鈴木啓太、柏木陽介、山田暢久が務め、

試合展開によっては、マルシオ・リシャルデスが入ることがありましたが、

なかなか勝てないこともあり、大抜擢となりました。

news_7032_3.jpg

キックオフ時は、気温30度とひどいコンディションでしたが、

同じく先発した山田直輝とともに、常に動き回り、浦和の攻撃を活性化させていました。

(試合後のペトロビッチ監督のコメントでは二人を称賛していました)

とても、この試合がデビュー戦とは思えない落ち着いたゲームコントロールで、

時折、相手ゴール前にも顔を出す運動量の多いプレーでした。

この試合、スタメンを外れた山田暢久にも刺激になったような。

00078415-B.jpg

まだ1試合しか出場していませんが、今後の活躍が非常に楽しみです。

GKが加藤順大に代わり、この試合では直輝に小島くんと、浦和に新しい血が流れ始めています。

開幕当初、掲げられていたオランダ・イングランドのようなサイドアタッカーの個人技を活かす

サッカースタイルとは少し違いましたが、五輪代表に参加中で不在の原口元気や

この試合では、残念ながら出番のなかった梅崎司と、

新しい浦和のサッカーを作ってくれそうで、期待値は非常に高いです!

1083.jpg

試合後の小島くんのコメントです。(浦和オフィシャルから)

「チーム一丸となって勝ち取った勝利だと思います。

(初スタメンだったが?)勝利に貢献できるように、そういうプレーを意識して、どん欲に点を取りにいったり、そういうプレーを前面に出してできればいいと思っていました。スタメンを聞いたのは、試合の前々日くらいです。行くかも知れないから、準備を、と。

(ピッチに立って感じたことは?)本当にファン・サポーターの方たちの力を感じました。これまでの試合でも、あと一歩のところまでいっていたので、最後のゴールを決めるところだったり、最後の決定機で自分たちが決め切れていない部分があったので、そこを今日は決められたから、勝てたのではないかなと思います。緊張?それはしました(笑)。でも後ろにも素晴らしい選手がいますし、啓太さんもまめに声を掛けてくれていたので、そういった支えがあって、思い切りプレーができたと思います。まだまだ、もっと自分の良いところを出せると思うし、そこはもっとチャレンジしていければいいと思います。

(小島コールは?)いや、もう本当にああいう人たちが応援してくれているというのは、頑張らなければいけないという気持ちになるし、力になるので、本当に素晴らしいサポーターがいるチームに入れて恵まれたと思っています。

(啓太選手とプレーした感想は?)本当に細かいところまで声を掛けてくれて、その分、自分が思いきってプレーをできたので、本当に大きな存在です」


J1第17節 浦和レッズ vs アビスパ福岡 試合詳細(J's GOAL)
      blogram投票ボタン

2011年06月21日

今週水曜開催のJリーグ情報:モンテディオ山形・ベガルタ仙台

Jリーグが水曜開催だと、ホント慌ただしいですねあせあせ(飛び散る汗)

ブログのネタには困らないので、歓迎なんですが(苦笑)

さて、今週もJ1のみ、水曜開催があります。

前節勝利をあげたモンテディオ山形は広島でのアウェーマッチ。

開幕11戦無敗のJリーグ新記録を作ったベガルタ仙台はホームマッチです。

今季初の連勝なるか、モンテディオはサンフレッチェと


Jリーグ第17節
サンフレッチェ広島 vs モンテディオ山形 @広島ビッグアーチ
6月22日(水) 19時キックオフ
モンテディオ山形 公式サイト
サンフレッチェ広島 公式サイト

エース長谷川は、怪我で欠場かな。。。?

昨日の段階で、本人がツイッターで

早く良くなれ!俺の足ちゃん!(原文まま)

とつぶやいてたし・・・。

ただ、代役のジャンボ大久保が、2試合連続ゴール中と調子がいいので

この試合でも期待です!

また、ディフェンス陣が、サンフレッチェの攻撃を組織的に無効化するところも

みどころのひとつだと思います。


ベガルタは、ホームでヴァンフォーレ戦


Jリーグ第17節
ベガルタ仙台 vs ヴァンフォーレ甲府 @ユアテックスタジアム仙台
6月22日(水) 14時キックオフ
ベガルタ仙台 公式サイト

ついに無敗記録が11まで伸びたベガルタですが、この記録がいつまで続くのか・・・

ファントしては、このまま無敗のままシーズン終了まで行ってほしいって思いますが、

あまり続くと、逆にプレッシャーにならないか不安でもあります。

個人的に注目したいのは、FW中島裕希(No.13)。

110605_12.jpg

柳沢復帰以来、攻撃の交代のファーストチョイスは柳沢で、

中島は出場機会を与えられていません。

出場したら絶対結果を残したいと思っているはずです。

もちろん、2列目の太田、松下、関口の争いにも注目ですね。

(梁勇基を含め、4人で3つのポジションを争ってる)

ヴァンフォーレは、ハーフナー・マイクが出場停止明けですね。

体調万全でうっぷんが溜まってそうなので、要注意です。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

アウクスブルク始動

短いオフを終え、アウクスブルクが昨日始動しました。

110619_1014.jpg

オフ前には日本代表に参加していた細貝萌も初日から合流しており、

本当に短いオフになりました。

オフ期間中もグアムで自主トレをしていましたし、

疲労の蓄積がどれだけクリアになっているか心配です。

アウクスブルクへの移籍後すぐは、アジアカップに招集されていましたから

今回が初めての合宿、しかも初日からの参加となります。

チームの顔ぶれは若干変わっていますが・・・

これからまた大きく変わるかもしれませんね。

新戦力としては、ダービッツが同じポジションだし、

昨シーズンのメンバーも残っているので、萌ちゃんにとっても

簡単なシーズンにはならないと思います。

昨シーズン終盤も、スタメンを取りかけた時に、チームが勝利から遠ざかってしまい

その後、またスタメンから外れるということもありました。

個人のパフォーマンスももちろん、チームに貢献し、

細貝が出場するとチームが勝つ。という選手にならないと

生き残っていくのは厳しいです。

今シーズンは、そうでなければ、レバークーゼンへの復帰もなくなる可能性が高いです。

個人的には、昨シーズン終盤は、試合をチェックしていましたが、

まだまだ選手の特徴までは把握できていないので、

新シーズンのチェックポイントは、まず選手を覚えるってところから

始めたいと思ってます。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[U-22日本代表]クウェートに先勝。原口元気は途中出場

ロンドン五輪へのアジア2次予選の初戦、日本代表は、クウェート代表相手に

ホームで3-1で勝利し、23日(現地時間)へのアウェー戦に向けても

良いスタートとなりました。

日本代表のスタメンは、GK権田、DF酒井宏、比嘉、浜田、鈴木、

MF山本、山村、東、清武、FW大迫、山崎。

残念ながら原口元気はベンチスタートでした。

またエース永井は怪我のため、ベンチスタートでした。

117027536.jpg

得点経過


19’ 清武 弘嗣
37’ 濱田 水輝
61’ 大迫 勇也
68’ ジャベル・M・J・M・A・アルムタイリ

チームのキーマンは清武


元気は、練習試合などで、ゴールをするなど、結果を残していたと思いますが、

残念ながらスタメンを外れ、後半17分から投入となりました。

宇佐美が招集外、宮市も未招集と、この世代のスター選手が呼ばれていませんが

今日のスタメンを見ると、U-22がどんなサッカーをしたいのかが見えてくると思います。

個人技という意味では、宇佐美や宮市、元気の方が、今日のスタメンよりも

優れていると思いますが、チームとして機能するのは、今日のスタメンの方が

上かなと感じました。

運動量だったり、パスを受けるための細かいポジショニングだったり。

その中で、キーマンとなっているのが清武ではないかと思います。

117027089.jpg

先制点は、清武のヘディングでした。

流れの中から、ペナルティエリア中央からのヘディングでしたが、

フリーであそこに走り込めるのが清武の良さですね。

ボールを持った状態での技術では、宇佐美や元気の方が上ですが、

オフザボールでの動きの質では、清武が一枚上です。

もちろん、伸びしろの大きい年齢なので、宇佐美や元気が

清武のようなポジショニングだったり、オフザボールの動きを

覚えるとすごい選手になりそうです。

原口、見せ場はあったものの・・・


117027093.jpg

クウェートの運動量も落ちてきた後半の投入ということで、

原口投入も当たったと思います。

右サイドからドリブルでDFをかわし、シュートまでいったシーンも

ゴールまであと一歩でした。

あそこであと1秒早くシュートが打てる技術があれば、世界でも通用すると思います。


アウェー戦は日本時間で24日深夜。

過酷なアウェー戦ですが、2点のアドバンテージがあるので、

しっかり戦ってきてほしいです。



06/24 01:45(日本時間)
Mohammed Al Hamad Stadium
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

[モンテディオ山形]大久保のゴールで今シーズン2勝目

7試合勝ちがなかったモンテディオ山形がホームでヴィッセル神戸をやぶり

今シーズン2勝目。

ヴィッセルのシュートを3本に抑え、試合内容でもヴィッセルを上回っていました。

今日のモンテディオは、出足もよく、ヴィッセルのクサビのパスを

インターセプトするシーンも多かったですね。

ポゼッションもしっかりでき、伊東俊や廣瀬、太田がドリブルでつっかけるシーンも

多くありましたし、これから浮上できる可能性も高いです。

先制点は、大久保でした。

前節、PKではありましたが、移籍後初ゴールを決め、

ホームでのこの試合でもゴール。

けして器用な選手ではない・・・むしろ、下手wなんですが、

こうやって試合に出て、ゴールを決めることで、

結果を出せる選手になっていくと思います。

長谷川が怪我で欠場しているだけに、大久保には期待ですね。

守備が崩されることはありませんでしたが、伊東の追加点は大きかったですね。

これでやっと今シーズン2勝目。

組織的にはかなり整備されてきたので、勝ち点をしっかり積み重ねて

下位集団から抜け出したいところです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

今週末のJリーグ情報:J1第16節、J2第17節

今週のJリーグは、J1が水曜・土曜の2試合開催で、

水曜の試合が終わったかと思ったら、もう次の試合が来ますね。

J2は日曜開催。

日曜は、ロンドン五輪のアジア2次予選も開催されます!

男子サッカー アジア2次予選/ロンドンオリンピック予選 第1戦
U-22日本代表 vs U-22クウェート代表
会場:愛知/豊田スタジアム
開催日時:2011年6月19日(日)19:00キックオフ予定
テレビ放送:TBS系列にて19:00から全国生中継
テレビ放送:NHK-BS1にて18:50から全国生中継

五輪を目指す22歳以下の日本代表も要チェックですね!

それでは、Jリーグ情報にいきます。

ベガルタはアウェーでアルビレックス戦


無敗をキープしているベガルタは、アルビレックス新潟と対戦します。

Jリーグ第16節
アルビレックス新潟 vs ベガルタ仙台 @東北電力ビッグスワンスタジアム
6月18日(土) 19時キックオフ
ベガルタ仙台 公式サイト
アルビレックス新潟 公式サイト

アルビレックス新潟は、水曜に王者名古屋グランパスと対戦し、

0-4の大敗をし、順位を13位まで落としています。

ベガルタは、好調をキープしていますが、これから連戦が続くので、

これまでの疲労蓄積も含めて、怪我人とコンディション調整には要注意です。

特にスタメンで出ているメンバーは、フル稼働ですので、これからは

ベンチメンバーも鍵を握ってくると思います。

モンテディオは、ホームでヴィッセル戦


いい加減勝利が欲しいモンテディオは、ホームで今季初ナイターです。

Jリーグ第16節
モンテディオ山形 vs ヴィッセル神戸 @NDソフトスタジアム山形
6月18日(土) 19時キックオフ
モンテディオ山形 公式サイト

すでに怪我人続出のモンテディオですが、大久保(ジャンボ)の

爆発に期待したいところです。

なお、この試合は、CSフジテレビONEで無料放送されるそうです!

6月18日(土)モンテディオ山形vs.ヴィッセル神戸戦 スカパー!e2放送チャンネルのお知らせ [ 山形 ]

栃木SCは、ギラヴァンツ北九州、水戸はファジアーノ岡山戦


Jリーグ第17節
栃木SC vs ギラヴァンツ北九州 @栃木県グリーンスタジアム
6月19日(日) 18時キックオフ
栃木SC 公式サイト

Jリーグ第17節
ファジアーノ岡山 vs 水戸ホーリーホック @kankoスタジアム
6月19日(日) 18時キックオフ
水戸ホーリーホック公式サイト
ファジアーノ岡山公式サイト
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

[ベガルタ仙台]ガンバ大阪にも勝利し、いまだ無敗。

ヨーロッパがオフ期間なので、Jリーグの更新ばかりでスミマセン。

それにしてもモンテディオは勝てませんね・・・

小林監督は、チームの状況は悪くないと話していましたが・・・。

対照的にベガルタは、ガンバにも勝利し、10試合で5勝5分で

いまだに無敗をキープしています!

なお、太田は怪我気味ということで、松下が先発しました。

松下は、ユアテックスタジアム初先発です!

菅井が今季3ゴール目


00077966-B.jpg

先制点は、梁勇基のCKから、菅井が頭で決めて、今シーズン3ゴール目!

その後、アドリアーノのゴールで同点に追いつかれます。

柳沢が怪我から復帰し、ベガルタデビュー


00077986-B.jpg

83分に松下に代えて、柳沢を投入。

柳沢は怪我から復帰し、この試合がデビュー戦となりました。

その柳沢を起点に、ベガルタの決勝点が生まれます。

柳沢のポストプレーから、角田が右サイドを駆け上がり、ファーサイドの赤嶺へ。

赤嶺が押し込み、これが決勝点になりました。

柳沢は、デビュー戦で勝利につながるいい仕事をしました。

また、角田→赤嶺のコンビは、前半も決定的なチャンスを作っており、

ベガルタ攻撃のひとつの形になっていますね。

残りの時間をしっかり守りきり、これで今季5勝目。

首位柏レイソルに勝ち点差2の2位につけています。

勢いのあったベガルタに柳沢が加わることで、落ち着いた試合運びも

できるようになるのではないかと期待も大きいです。

FWは、赤嶺が好調。中島も投入されれば結果を出します。

そして柳沢と、駒が揃いましたし、太田や角田、菅井と

どこからでもゴールが狙えるチームになってきましたね。

次節はアウェーで新潟戦です。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

今週のJリーグ情報:J1は水曜開催[J1第15節]

明日から怒濤のJリーグ消化ウィークが始まります。

J1は、明日水曜日に第15節を開催し、その後水曜・土曜の

週2試合開催が続きます。

第18節を6月25・26日に開催して以降は、

地震の影響で延期されていた第2節から第6節までが

7月中に開催されます。

チームによって、開催日時が違うので、事前にチェックが必要ですね。

J1開催日程(J's GOAL)

ベガルタは、ホームでガンバ大阪戦


前節、またも終盤に勝ち点を落としたベガルタは、ホームでガンバ大阪と対戦します。

Jリーグ第15節
ベガルタ仙台 vs ガンバ大阪 @ユアテックスタジアム仙台
6月15日(水) 14時キックオフ
ベガルタ仙台 公式サイト

水曜開催ですが、キックオフは14時です。

500枚限定で、関口のタオルマフラーの販売もあるようです!

sekiguchi_towelmuffler.jpg

ガンバは、現在8位ですが、4勝2敗1分と好調。

試合数が2試合少ないため、8位ですが、勝ち試合はベガルタと同じ4勝。

ベガルタは、まだ無敗をキープしていますが、ガンバ相手にもしっかり戦えるところを

見せてほしいです。

ヴィッセル神戸戦では、ナビスコカップで活躍した松下が先発し、

かなりに太田がはずれました。

2列目のスタメン争いも見どころです。

モンテディオは、アウェーでエスパルス戦


そろそろ2勝目がほしいモンテディオは、12位清水エスパルスと対戦です。

Jリーグ第15節
清水エスパルス vs モンテディオ山形 @アウトソーシングスタジアム日本平
6月15日(水) 19時キックオフ
清水エスパルス 公式サイト
モンテディオ山形 公式サイト

エスパルスは、恋活シートなんてのも販売してるんですねwww

さて、エスパルスですが、タレントは揃っているものの、なかなか勝てない現状です。

ただ、頼りの高原がゴールを決めてきていますので、モンテディオにとっては

驚異となりそうです。

モンテディオは古橋が怪我で離脱。

右大腿二頭筋肉離れで全治6週とこの厳しい日程の間には

戻ってこれないようです。


なお、J2は、週末の開催で、水曜開催はありません。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

[モンテディオ山形]鹿島にも敗れ、泥沼の17位

昨シーズンは、スタートダッシュを決めたモンテディオが

今シーズンは苦しんでいます。

いまだ1勝で迎えたホームでの鹿島アントラーズ戦。

アントラーズも、今シーズンはまだ1勝と苦しんでいましたが。。。

岩政ひとりの高さに敗北


00077778-B.jpg

モンテディオはコーナーから立て続けに2失点。

2本とも、岩政にやられました。

1点目は、岩政がニアで競ったボールが、ファーの興梠のところへ。

興梠の周りには、なぜかディフェンスは誰もいなく、

簡単に先制点を許してしまいます。

そのわずか5分後。

今度は岩政に直接ヘディングで決められてしまい、

この時点でTHE END。

攻撃陣は、エースの長谷川が怪我で前半途中での交代も響き

結局ノーゴールが終了。

なかなかトンネルの出口が見えてきません。

個人的には、退団の決まった巻を獲得したらいいんじゃないかって思ってるんですけどね。

なんらかの起爆剤は必要だと思います。

若い選手も出てきていますし、流れさえ作れれば、上位進出は難しくとも

降格争いの少し上くらいまではいけると思うんですけどね。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

U-22日本代表発表(ロンドン五輪アジア2次予選クウェート戦)

ロンドン五輪アジア2次予選のクウェート戦に向けたU-22日本代表の

メンバーが発表されました。

ロンドン五輪アジア2次予選
vs クウェート
6月19日 @豊田スタジアム
6月23日 @クウェート


GK
権田修一(FC東京)
増田卓也(流経大)
守田達弥(京都)
安藤駿介(川崎)

DF
比嘉祐介(流経大)
村松大輔(清水)
鈴木大輔(新潟)
吉田豊(甲府)
酒井宏樹(柏)
濱田水輝(浦和)
酒井高徳(新潟)
扇原貴宏(C大阪)

MF
山本康裕(磐田)
清武弘嗣(C大阪)
山村和也(流経大)
東慶悟(大宮)
山口蛍(C大阪)
登里亨平(川崎)

FW
永井謙佑(名古屋)
山崎亮平(磐田)
大迫勇也(鹿島)
原口元気(浦和)


宇佐美、宮市は落選


キリンカップでA代表に選出された宇佐美は、今回招集されず。

ザックがA代表に選出した段階で、クウェート戦で招集されないことは

決まっていたかもしれませんね。

U-22は、新潟でのオーストラリア戦を終えたあと、ナビスコカップは各チームに戻り

再招集して、関東で合宿を行っていました。

メインとなったのは、クウェート戦へのメンバー選考だったと思います。

今回の合宿に招集されなかったメンバーは、元々クウェート戦では招集しない

方針だったのではないかと思います。

宮市に関しても、海外組は日程が違うという理由もあったと思います。

まだ2次予選なので、ここでフルメンバーを招集する必要もないですし、

本番へ向けて、多くの選手を試す必要もありますし。

水沼宏太の落選は残念です。

オーストラリア戦招集メンバーの中から外れたのは實藤友紀と大津祐樹。

短期決戦のため、連携面なども考慮されたかもしれませんね。

鈴木大輔は怪我から復帰し、GKの守田達弥が新たに招集されました。

今回のメンバーは、ひとつの区切りでしかなく、最終予選、五輪本戦では

また違ったメンバーになると思います。

まずはしっかりクウェートに勝ってほしいです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田吉彰がJ's Goalの月間MIPを受賞![ベガルタ仙台]

Jリーグ公認のファンサイト「J's GOAL(ジェイズ・ゴール)」で

4、5月の月間MIPが発表され、ベガルタ仙台の太田吉彰が受賞しました!

http://www.jsgoal.jp/mip/

408091_c450.jpg

ベガルタ仙台 プロフィールページ

太田は、中断明けの川崎フロンターレ戦で同点ゴール(その後鎌田が逆転ゴールを決めた)で

移籍後リーグ戦での初ゴールを奪うと、続くホーム開幕戦で浦和レッズ相手に決勝ゴールとなる先制点を決め、

アウェーでのセレッソ大阪戦でも先制点をヘディングで決め、(この試合は1-1の引き分け)

4月、5月の7試合で3ゴール。

いまだに今シーズン無敗のベガルタ仙台を引っ張る存在になっていますね。

特に川崎フロンターレでの同点ゴールは印象的なシーンで、

今シーズンのベストシーン候補ですね!


      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

今週のJリーグ情報:J1第14節、J2第16節

先週はナビスコカップ、柏レイソルvsベガルタ仙台を見に柏まで行ってきました。

その時の試合レポはこちら→[ナビスコカップ]ベガルタ仙台、柏レイソルに劇的な勝利

今年は、久しぶりにスタジアムに行っているのですが、

横浜Fマリノスvsアビスパ福岡(日産スタジアム)と

東京ヴェルディvsガイナーレ鳥取(国立)の2試合は、

雨ということもあり、スタジアムはガラガラと寂しかったのですが、

柏はほとんどの席が埋まり、スタジアムの雰囲気も抜群でした!

(とは言え、スタジアム自体が小さいので、観客数は8000人強でしたが)

キリンカップやU-22の試合もあり、Jリーグにも注目が行ってほしいなぁと

思うところですが、メディアに取り上げられるのは、海外組中心で

Jリーグの盛り上がりはイマイチで、本当に残念と感じています。

ワールドカップもサッカー、チャンピオンズリーグもサッカー。

Jリーグだって、高校サッカーだって、小学生が公園でやってても、

みんなおんなじサッカーです。

もちろん、サッカーの質、レベルの差はありますが、

自分が応援したい選手やチームがあれば、どんなサッカーだって楽しめますよ!

そんなわけで、今週もJリーグ情報をお届けします。

自分がおすすめして紹介しているのは、仙台、山形、栃木、水戸の4チームですが、

Jリーグには、J1、J2あわせて38チームがあります!

日本代表が好きな人も、海外サッカーが好きな人も、ぜひJリーグで好きなチーム、

好きな選手を見つけてもらえればなぁと思います。


モンテディオはアントラーズと対戦


モンテディオ山形 vs 鹿島アントラーズ @NDソフトスタジアム山形
6月11日(土) 16時キックオフ

イベント情報:モンテディオ山形公式サイト

最近の試合では、伊東俊や廣瀬智靖といった若手選手がスタメンで出場していて活躍しています!

公式戦5試合、勝ちがないモンテディオですが、強豪アントラーズも不調ですし、

ここで勝利して、下位を脱出したいところです。

なお、アントラーズには、昨シーズンモンテディオで活躍した田代、増田が所属しています。

二人との対戦も楽しみですね。

(田代はチャリティーマッチの解説の時に、少し怪我をしていると言っていましたが・・・)

ベガルタはアウェーでヴィッセル戦


ヴィッセル神戸 vs ベガルタ仙台 @ホームズスタジアム神戸
6月11日(土) 17時キックオフ
イベント情報:ヴィッセル神戸公式サイト

昨シーズンは、降格争いをしていたヴィッセルですが、今シーズンは好調。

前節はレイソルに完敗でしたが、現在6位につけています。

ベガルタは、関口が代表から戻ってきますが、ナビスコカップで代役をつとめた松下が

結果を残しているので、どんな布陣になるか楽しみです。


J2は全試合、日曜日の開催です。

栃木SCはアウェーでベルマーレ戦


湘南ベルマーレ vs 栃木SC @平塚競技場
6月12日(日) 19時キックオフ
イベント情報:湘南ベルマーレ公式サイト

ホーリーホックは、ホームでカターレ戦


水戸ホーリーホック vs カターレ富山 @ケーズデンキスタジアム水戸
6月12日(日) 13時キックオフ
イベント情報:水戸ホーリーホック公式サイト

J2の2試合は、簡単な紹介だけになってしまって、すみません。

今後、試合レポートや選手紹介なども書いていけたらと思ってます!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

[ドイツ代表]アゼルバイジャンを適地で撃破し、EURO予選7連勝

769291138-07062011180914.jpg

今シーズン最後の試合、EURO2012予選のアゼルバイジャン戦は

ラームをボランチ起用するなど、見どころの多い試合でした。

苦戦はしたものの3-1で勝利し、予選突破にかなり有利な状況になりました。

それでは試合を振り返っていきたいと思います。

ドイツ代表ラインナップ


マヌエル・ノイアー
ベネディクト・ヘヴェデス
マッツ・フンメルス
ホルガー・バトシュトゥバー
デニス・アオゴ
フィリップ・ラーム
トニ・クロース
トーマス・ミュラー ( 88. → ルイス・ホルトビー)
メスト・エジル ( 81. → マリオ・ゲッツェ)
ルーカス・ポドルスキ( 76. → アンドレ・シュールレ)
マリオ・ゴメス

ラームをボランチ起用


怪我人続出のボランチには、ラームが入りました。

コンビは、トニ・クロース。

1507116564-07062011183151.jpg

ラームがスライドした右SBは、ヘヴェデスが入り、

センターは、フンメルスとバドシュトゥバーのコンビ。

左SBにはアオゴが入り、ディフェンスラインはほぼ総入れ替え。

格下アゼルバイジャン相手ということで、テストなのか、

それともメンバーが揃わず、こうするしかなかったのか・・・

内容ではアゼルバイジャンが上回る前半


ドイツ相手で志気が高いのか、

それとも慣れないメンバーでうまくかみ合わないドイツがあまりに悪すぎるのか

前半は、完全にアゼルバイジャンのペース。

ドイツはつまらないパスミスを繰り返し、アゼルバイジャンはボール奪取から

シンプルに前線につなぎ、何度もシュートまで持っていきました。

最終的には、ノイアーの冷静な対応とアゼルバイジャンのシュートの精度の悪さに助けられ

ドイツは、前半無失点。

エジルの活躍で先制


内容では明らかに劣っていたドイツですが、簡単に先制します。

クロースのFKがポストに当たるなど、個人の技術では勝るドイツが

少ないながらもチャンスを作ります。

115463956.jpg

30分。右サイドでチャンスを作り、ヘヴェデスのクロスは、

ファーに流れたものの、エジルが拾い、ペナルティエリアに侵入。

ディフェンスを交わしつつ、左足で放ったパスのような綺麗なシュートが

アゼルバイジャンゴールに入り、先制。

115464136.jpg

41分には、バドシュトゥバーのスルーパスにエジルが反応し、

グラウンダーのクロスをゴール前に折り返し、

そこに飛び込んできたゴメスがあっさりと決めて、

前半は2-0で折り返します。

115489273.jpg

オーストリア戦ではらしくないなと思っていたエジルですが、

この試合では、しっかりとゴールに直結するプレーを見せてくれました。

後半、アゼルバイジャンに1点返される


この試合、終始ドイツディフェンスは不安定でした。

2212996162-07062011173524.jpg

もちろんディフェンス陣が不安定だったこともあるのですが、

攻撃時にラームが上がり、そのスペースを空いたままにしたため

簡単にカウンターを食らうシーンも多いように思えます。

クロースとラームの組み合わせは、少し攻撃に重きを置きすぎと感じます。

もちろん、二人とも本職ではないので、バランスやポジショニングは

不慣れということもありますが。

しかし、ラームのボランチ起用は、攻撃には良い作用でした。

自分がサイドバックの選手ということもあり、中盤からサイドバックの

オーバーラップを使うタイミングも良いですし、

ミドルシュートやゴール前への飛び出しなど、これまでにあまり見られない

プレーも多くありました。

今後、今回のように負傷者が続出した際のオプションとして、十分計算できると思います。

115468503.jpg

クロースは試合ごとに良くなっている印象です。

まだまだパスのテンポなどは良くなると思いますが、プレーに自信が見えてきました。

バドシュトゥバーにしても、クロースにしても、しっかり試合に出ることで

プレーに落ち着きが出てきて、本来の能力が発揮できると思います。

バドシュトゥバーに関して残念だったのは、失点シーンに絡んでしまったことです。

左サイド側から突破され、クロスをフンメルスが跳ね返したものの、

クリアが中途半端になり、バドシュトゥバーもヘディングでのクリアを試みたものの

クリアが足りず、アゼルバイジャンボールになってしまい、そのまま決められてしまいました。

終盤は、若手のテスト。シュールレがまたもゴール


70分を過ぎた当たりから、交代枠全てを2列目に使いました。

試合の展開からボランチより後ろは代えづらかったし、FWの控えが居なかったので

必然と言えば、必然でしたが。

まず、ポドルスキに代えてシュールレ。

エジルに代えて、ゲッツェ。そして、ミュラーに代えて、ホルトビーを投入しました。

時間が短かったこともあり、また1点返してアゼルバイジャンが勢いづいたこともあり、

なかなか効果的な仕事の数は少なかったものの、

なかなか代表にフィットできずにいたゲッツェが左サイドから侵入し、

ゴメスにマイナスのパス、ゴメスのシュートはGKに防がれたものの

こぼれ球をシュールレが蹴り込んで3-1。

115499516.jpg

シュールレは、この3試合で2ゴール目としっかり結果を残しています。

怪我人も多く、またアゼルバイジャンの健闘もあり、苦戦した試合でしたが、

3-1で勝利。

110607_aserbaidschan_deutschland.jpg

これで7試合で勝ち点を21に伸ばし、2位ベルギーとの差は10。

1試合消化の少ないトルコとは11差と、ほぼ予選突破が決まりました。

9月にホームでオーストリア戦を迎え、そこで勝利すれば、

トルコ、ベルギーとの直接対決を残して、予選突破を決められます。

これで今シーズンは終了。

怪我人も多いですし、しっかりオフを過ごして、新しいシーズンを迎えてほしいです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

[ドイツ代表]ロルフェス、ケディラ、ヴィーゼが離脱

毎年、5月、6月はボランチに負傷者が出る決まりでもあるのだろうか?(苦笑)

ウルグアイ戦に先発出場したシモン・ロルフェスとオーストリア戦に先発したサミ・ケディラが

怪我で代表チームから離脱することが発表されました。

すでにボランチは、トレーシュも離脱しており、

ボランチの怪我人続出は、去年のワールドカップ前を思い出してしまいます。

代わりに、U-21からルイス・ホルトビーとセバスティアン・ルディを追加招集しました。

代表選手以外は、すでにオフに入っていることもあり、ひとつ下のカテゴリーからの

招集になりましたね。

ルディは初招集です。

今思えば、オーストリア戦の終盤にマッツ・フンメルスをボランチにシフトしたのは、

こうした怪我人のことも考慮にいれてということでしょうか。

順当にいけば、ボランチにトニ・クロースとフンメルス、

CBにアルネ・フリードリヒとバドシュトゥバーという組み合わせになりそうです。

また、GKのティム・ヴィーゼは、家族の病気のため離脱と、満身創痍のドイツ代表ですが、

GKの追加招集は今のところないようです。

ドイツ代表は明日、今シーズン最後の試合、アゼルバイジャンを迎えます。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。