2011年04月27日

[UCL]シャルケがマンチェスター・ユナイテッドに完敗[準決勝1stレグ]

3140778586-26042011201922.jpg

ホームで迎えた第1戦。

シャルケはノーチャンスでユナイテッドに完敗でした。

シャルケがチャンスを作ったのは、ミドルシュートの単発のみ。

両サイドバックのオーバーラップはほとんど見られませんでした。

シャルケがいつも通りの戦いができなかった要因のひとつとして、

ヘヴェデスの負傷欠場は大きかったと思います。

ボランチのマティプがCBの下がり、パパドプーロスを

アンカー的に配置しましたが、中盤の守備がほとんど機能しませんでした。

ユナイテッドは、簡単に中盤でタテにパスを入れることができ、

攻撃の組立が容易にできていました。

2583012844.jpg

先制はルーニーからギグス。

何度もノイアーがスーパーセーブでピンチを防いでいましたが、ここは防げず。

ルーニーに3人が引きつけられ、あっさりスルーパスを出されてしまいました。

4160574674.jpg

2点目はルーニーでしたが、ここも同じようなシーン。

エルナンデスのスルーパスを綺麗に通されてしまいました。

ボランチで先発したパパドプーロスにとってはいい経験になったと思います。

まだ若いので、これを糧にしてほしいです。

1346075199-26042011195815.jpg

ファルファンやエドゥも攻撃であまり時間を作れませんでした。

サイドで仕掛けるチャンスもなく、サイドバックの攻撃参加のサポートも

できませんでした。

23684579.jpg

パク・チソンが左の中盤で先発したので、内田とのマッチアップは

何度も見ることができました。

1476253569.jpg

ギグスと対峙するシーンも多かったですね。

187835661.jpg

ラウルも完全に抑えられてしまいました。

3093908553.jpg

2点のビハインドで来週の2ndレグに臨むことになりました。

ラウルのゴールに期待したいです!

1774776403-26042011193819.jpg



      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週のJリーグ情報:ベガルタ仙台、モンテディオ山形、栃木SC、水戸ホーリーホック

チャンピオンズリーグのレポは、また後ほど。

いよいよGWが目の前に迫ってきました。

今週のJリーグは、J1はGW初日の29日、J2は30日に開催されます。

今節も、仙台、山形、栃木、水戸の試合情報を掲載していきます。

まだスケジュールに余裕がある方は、ぜひスタジアムへ!


ではまず、ベガルタ仙台の情報からです。

今節は、ホーム開幕戦です。相手は浦和レッズ。

個人的には、どっちにも勝って欲しい試合ですが・・・。

キックオフは14時。

4月29日(金・祝) 14:00
vs 浦和レッズ @ユアテックスタジアム仙台

この試合は、スカパーで無料放送があります。

4/29(金・祝)は「震災復興キックオフデー」 プロ野球「東北楽天×オリックス」戦、Jリーグ「ベガルタ仙台 × 浦和レッズ」戦 −仙台でのホームゲームを無料で生中継!−

王者名古屋を撃破した浦和と、川崎に逆転勝利のベガルタの対決です。

白熱した試合になりそうなので、楽しみです!

現地に行かれる方は、十分気をつけて下さいね!


続いてモンテディオ山形の試合情報です。

モンテディオは、アウェーでのガンバ戦になります。

4月29日(金・祝) 18:00
vs ガンバ大阪 @万博記念競技場

広島に大敗したガンバですが、今週はACLもなく、万全の状態でしょう。

モンテディオは、今シーズンはここまで無得点。

早くゴールが欲しいところです。

00072453-B.jpg

セレッソ戦を発熱で欠場した長谷川悠(No.10)に期待です!


続いてJ2です。まずは栃木SCから。

ホームで京都サンガとの対戦になります。

4月30日(土) 13:00
vs 京都サンガF.C. 栃木県グリーンスタジアム

この試合は、TOYOTA WOODYOU HOMEスペシャルマッチとして、

東日本大震災チャリティーオークションや選手参加の義援金の募集など

様々なイベントが開催されるので、ぜひスタジアムで観戦したい試合です。

詳しくはこちら参照。

【TOYOTA WOODYOU HOMEスペシャルマッチ】2011J2第9節 栃木SC vs 京都サンガF.C.イベントのお知らせ

栃木SCはここまで2連勝と今シーズンは好調。

「鈴木啓太みたいな髪型にしたかったんですけどね。」と話していた

廣瀬浩二(No.8)にも注目ですwww

00075123-B.jpg

【J2日記】栃木:笑いも取りました。 (J's GOAL)


最後に、水戸ホーリーホック。

アウェーでの岐阜戦です。

4月30日(土) 16:00
vs FC岐阜 @長良川

水戸も2連勝中。

前節は、後半ロスタイムに常盤のゴールで逆転勝利!

00074901-B.jpg

また、FWの岡本達也(No.13)が2試合連続ゴール中と、

この試合でも活躍に期待です!


さて、東北・北関東方面は、交通が正常通りとはいかないので、

スタジアムに行かれる方は、事前に交通情報をチェックしてみて下さいね!

LINK: 仙台、山形、水戸、栃木のスタジアムアクセス情報 (J's GOAL)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

[細貝萌]カールスルーエ戦、アーヘン戦の写真

先週末のアーヘン戦と、先々週のカールスルーエ戦の細貝萌の写真を掲載します。

(アウクスブルク公式から)

まずは、カールスルーエ戦。

この試合は、先発フル出場し、チームは1-0で勝利。

110418_7021a.jpg

110418_7036a.jpg

110418_7046a.jpg

続いて、アーヘン戦。

この試合も先発フル出場。

チームは、序盤の2失点が響き1-2での敗戦。

110424_1022.jpg

110424_1023.jpg
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

J再開。モンテディオ山形はセレッソと引き分け[第7節]

ホームでの再開となったモンテディオでしたが、

相手はACLを戦っているセレッソ大阪。

コンディションの差が出るかなと思われた試合でしたが、

両チーム決めきれずにスコアレスドローとなりました。

山形は、左サイドバックの石川が肉離れ、FWの長谷川が発熱で離脱と

攻守の要を欠いての試合でした。

左サイドバックには、本来右の小林が入り、

ワントップには、今季福岡から加入した大久保哲哉が入りました。

pg2011j10709.jpg

ワントップで先発した大久保ですが、チーム全体のシュート数が3本と

なかなかキーマンになれなかった印象です。

カウンターでスピードアップしたい山形でしたが、

前線の走力、ドリブルのスキルとセレッソの守備力の力差からいって、

なかなか難しいところがありました。

大久保がうまく起点になってくれることを期待したのですが、

うまく機能しませんでした。

身体が大きいので、もっとポジショニングだったり身体の使い方だったりを

習得すると化ける可能性はあると思うんですが。

浦研の無料コラムで、福田さんがケネディのことを書いていましたが、

大久保にも当てはまるなぁと感じましたので、転載しておきます。

ケネディは大きいだけじゃなく、クロスに対しての入り方が上手い。結果として点が取れているのは、クロスに対してDFの前でボールを触る動きができている。点の取れる選手はDFの前でボールに触れる。ただ立っている選手ではダメなんだよね。日本の大きい選手はツボを知らないから、ディフェンスの前に入ってプレーができない。外国人選手は大きいだけでは勝てないということが体に染みついているから、前に入る動きが洗練されている。その動きをされると、日本の小さい選手は勝てないよね。日本の大きい選手が成長の過程で過ごした環境の中では、身体能力だけで勝ててしまうから、そこの駆け引きが身についていないのかもしれないね。だから、身体能力で勝てない環境になった時に、駆け引きが出来ず、勝てなくなってしまう。

【FUKUDA’S EYE】名古屋戦プレビュー(4/23)


大久保はガッツもあるし、すごくがんばってプレーしているので、

今後に期待です!

pg2011j10713.jpg

個人的には、今シーズンのキーマンと思っているのが、

アンカーの佐藤健太郎(No.17)です。

健太郎がどれだけ中盤でつぶしてくれるかが、山形ディフェンスの出来を

左右するのではないかと思ってます。

この試合では、セレッソの不調もあって、完封できましたが、

中盤で奪ってからの、攻撃のスイッチがまだ鈍いと感じました。

先日の浦和とのトレーニングマッチでも思いましたが、相手がかなり嫌がっていたので、

それなりの仕事ぶりなのではないでしょうか。

pg2011j10714.jpg

地元民から言わせてもらうと、やはり地元選手に対する期待は大きいです。

しかも山形出身Jリーガーというと、希少価値・・・。

秋葉勝(No.19)は、モンテディオユースの出身選手なので、

期待している選手です。

うまくチームのアクセントになっていて、欠かせない選手です。

ただ、健太郎にも秋葉にも言えることなんだけど、

技術的には劣るんだから、せめて走り勝ってほしいなぁ・・・。

次節は、万博記念競技場でのガンバ戦ですが、第9節は

5月3日、NDソフトスタジアム山形での柏レイソル戦。

好調レイソル相手なので、セレッソ戦でガラガラだったバックスタンドも

埋まるくらいのサポーターが集まってくれたらいいなって思ってます。

GW期間中ですし、ぜひスタジアムで!


もう少しまともな試合レポを読みたい人は、こちらをどうぞwww

【J1:第7節 山形 vs C大阪】レポート:守備の山形、攻撃のC大阪。両チームが「色」を出した一戦は、互いに明るい材料も手にしたスコアレスドロー(J's GOAL)

フォトギャラリー 2011J1第7節vs.セレッソ大阪 (モンテディオ公式)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

[FCアウクスブルク]アーヘンに不覚。1-2で敗れるも2位キープ

aachen-1303646479.jpg

3位ボーフムが引き分けたため、勝てば勝ち点差が8に広がり

昇格にかなり有利になるホームでの試合でしたが、アーヘン相手に1-2で敗戦。

ボーフムとの勝ち点差は5となりました。

細貝萌は、3試合連続でスタメン。この試合もフル出場となりました。

アウクスブルクは、昇格が見えてきたのも原因か、立ち上がりから不安定でした。

決定機を作るものの、ボールがゴールの方向へ飛ばず。

そうこうしている間に、13分にアーヘンに左サイドを崩され、先制を許します。

上の写真がそのシーンです。

萌ちゃん、スライディングで足を伸ばしますが、あと一歩足が届かず。

もう少し動き出しが早かったら、間に合ったかも?

2点目は、萌ちゃんのミスからでした。

縦パスを相手にカットされ、ボールホルダーに萌ちゃんが寄せていきますが、

軽く交わされてしまい、そのままクラッツにミドルを決められてしまいます。

前半24分であっという間に2点のビハインド。

萌ちゃんは、試合を通して、ディフェンスのつめがあと一歩。

あと一歩踏み込めればいいディフェンスをできると思うのですが、

そのあと一歩が遠い・・・。

まだまだドイツのディフェンスが身に付いてない印象でした。

それと、タテへのパスでミスが多かった。

試合の方は、ハインがPKを決めて、1点返すのがやっと。

後半もかなり押し込みましたが、シュートはことごとくゴールマウスから

逃げていきました。

残り3試合、首位のヘルタが月曜開催なので、今節未消化ですが、

引き分け以上で昇格決定なので、

2位アウクスブルク、3位ボーフム、4位フェルトで自動昇格の1枠と

入れ替え戦の1枠を争うことになります。

アウクスブルクの次節は、月曜開催。相馬の所属するコットプスとの対戦です。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[バイエルン・ミュンヘン]フランクフルトに引き分けで4位後退

先週は、毎日更新したみたいです!

1週間毎日更新したのは、去年の6月以来の快挙www

そんなわけで、久しぶりのブンデスリーガの記事です(苦笑)

3385316171-23042011151026.jpg

頭抱えてる場合じゃないよ・・・ヘーネスさん。

監督が変わって2試合目。

全くいいところなしで1-1の引き分けでした。

ハノーファーが勝っているので、4位に後退。

勝ち点差は2となりました。

259368152-23042011140817.jpg

ロッベンが不在ということで、リベリー頼みの相変わらずの攻撃陣でしたが、

チャンスらしいチャンスはあまりなく・・・

1239874826.jpg

ミュラーもがんばっては居たんですが・・・

そして、何度も倒されたり、目の前でハンドされたりしても

笛を吹いてもらえず・・・

去年は、大事な試合でゴールを決めていたミュラーですが

今シーズンは、どうも・・・

攻撃がもう少し流動的にならないとミュラーの良さが活きないと思われます。

3496008465-23042011135925.jpg

シュバインシュタイガーもコンディションはだいぶ戻ってきた気がしますが、

もう少し絶対的な存在感を発揮してほしいですね。

11人の中の1人という感じになってきています。

1760272135-23042011135523.jpg

ハミトさんが怪我なので、アルティントップ兄弟対決にはなりませんでした。

ハミトさん含め、怪我人が多く、ベンチがすかすかです。

攻めなきゃいけないのに、トニー・クロース以外、攻撃的な選手が不在。

ゴールは、PKでのマリオ・ゴメスのゴールのみ。

というか、マリゴメがPKって・・・

今まで見たPKで、一番ドキドキしたかもあせあせ(飛び散る汗)

さて、来週はシャルケとの対戦です。

ホームでの開催ですが、バイエルンサポーターがノイアーに対して

どのような態度を取るのかも気になるところです。

シャルケにとっては、チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦を

はさんでのリーグ戦なので、UCL優先という感じでしょうが。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

栃木&水戸、ともに勝利で再開。[J2第8節]

00074903-B.jpg

J2も今日から再開。

栃木SCと水戸ホーリーホックがそろって勝利しました。

(すみません、試合は見れてないのですあせあせ(飛び散る汗)

まず、栃木SCは、富山に遠征。

00074951-B.jpg

水沼宏太、那須川将大、廣瀬浩二のゴールで3-1で勝利。

富山は黒部光昭がゴールを決めています。

ホーリーホックは、ホームでの再開。相手は徳島でした。

00074892-B.jpg

前半12分に先制を許しますが、後半16分に岡本達也のゴールで追いつきます。

そして、後半ロスタイム4分。

常盤聡のゴールで、なんと逆転!!

劇的なゴールで、逆転勝ちとなりました。

試合後の柱谷監督のコメントです。

柱谷哲二監督(水戸):
「前半風下で少し前に行くパワーがなくて、選手たちには背後を突けと言ったのですが、徳島のプレッシャーが強くてなかなか前を向かせてもらえなかった。前半途中からそれを言い続けてきたんですけど、相手のプレッシャーが強くて我々の今の力ではなかなかそれを打開するのは難しかったかな。それだったらしょうがないということで我慢しろと言い続けて、前半は0対1でいいぞという状態でハーフタイムを迎えました。
後半のところで、やられたことをやり返せばいい。前からプレスをかけて、必ず相手の体力が落ちてくるので、そこでしっかりゴールを決めようと。そういうところで2対1。最後は本当にみんなの気持ちがひとつになったゴールだったと思います。とてもいいゲームをしてくれた。内容的にはいまいちだったんだけど、コンディションもいまいちで、作り始めて4週間では短かったが、選手たちはその中でベストを尽くしてくれたと思います」

Q:後半に立て直すために選手たちに伝えたことは?
「プレスです。前半ももっとプレスに行ってほしかったんですけど、選手たちは1回行っただけで終わってしまって、我々の連動したプレスということができていなかった。我々の生命線であるそういうところをもう一度やろうと伝えました」

Q:村田選手を投入したとき、どういった狙いがありましたか?
「1対1になって動くか動かないかすごく迷ったんですけど、もう少し安定がほしかった。経験のある村田を出しました。フランクは初出場ということで、少し緊張もしていましたし、コンディション的にもメンタル的にも目いっぱいかなと思って代えました」

Q:チームとしてこの一戦に対する思いが強かったと思いますが、選手たちの表情はいかがでしたか?
「いい緊張感がありましたね。その中でもう一度選手たちには「緊張することはとてもいいことで、緊張を隠しては駄目だ」と、「今我々は緊張というより、サッカーができる喜びを噛み締めてスタートを迎えようよ」ということを伝えて、あとは「日ごろやってきたことをどれだけできるかということだぞ」と。そういったところで選手たちがいろんな判断をしたことが、こういう結果につながったと思います」

Q:震災以降はじめての試合でした。被災地での勝利ということに関しては?
「4週間前のスタートから選手たちに言ったのは「我々が明るく元気に、茨城・水戸を引っ張って行こうじゃないか。そのためには我々が立ち止まっていてはダメだ。前に進んでいかないといけないんだ。その証明は練習ではなく、試合で証明しないといけない」と。4週間厳しいトレーニングをしましたけど、よく耐えて頑張ってくれたと思います。それでこれだけじゃなくて、まだまだ選手たちに言っているのは満足することなく、前進していこうと。その姿を被災地の茨城のみなさんに見せていこうと言っています」

Q:後半攻撃がよくなりましたが、どこがよくなったと思いますか?
「徳島さんの守備がすごくよくて、前半から組織されていて、なかなか穴が見つけられなかった。それで中盤のワイドのポジションを少し相手のサイドバックに近づけた状態にしてみようと。そのトライをした結果、流れがこっちに来たなと感じています」

Q:劇的な勝利でしたが、選手たちに勝者のメンタリティーがついてきたと思いますか?
「引き分けに満足するのではなく、勝つことにこだわる。勝者のメンタリティーは引き分けではつかない。勝たないとダメなんです。それを最後まで続けていった引き分けならばしょうがない。引き分けでいいやと思っての引き分けではダメだといい続けています。常に勝ちに行くんだ、特にホームゲームに関しては見に来ているお客さんを前に引き分けでいいというゲームはしたくない、という話はしています。そういう意味では選手たちが試合だけじゃなくて、トレーニングに関して、特に苦しいフィジカルトレーニングに対して前向きでやっているからこそ、こういう結果が出てくると思います。選手たちは最初の頃、「このぐらいでいいや」とサイドブレーキを引いていたのですが、徐々に目いっぱいやるようになってきて、自分に対してチャレンジできるようになってきたことで、持っていた殻を少し破れたような気がしますね。それがメンタルの強さに少しずつ繋がっていくと思います。ただ、まだまだです。前半のゲームを見ていると、ウーンと思うところがたくさんありますよ。こういう状況でも前に行かなきゃと。そこでボールを下げてしまったり、フリーランニングを忘れてしまったり。とてもいいメンタルと昔のメンタルがまだ混ざっている状態だと思っています。これからもっともっと鍛えていきたいと思います」
Q:いろいろな思いをチームとして示したかったと思います。その思いは伝えられたと思いますか?
「はい。後半に関しては伝えられたと思います。悪いときもあると思います。そこを0対1で耐えられたことが逆転勝利につながったと思うので、選手には言ったのですが、いいときばかりではなく、悪いときにどう踏ん張れるか。忍耐力が必要なんだと。そこで投げ出してしまうと、勝負の世界は終わってしまう。0対1でも諦めない気持ちを持ちなさいと。選手たちはそれを持ってくれた。そして出してくれた。その結果だと思います。本当に少しずつですけど、一歩ずつこのチームは前進していると思います」



逆転ゴールを決めた常磐のコメントです。

常盤聡選手(水戸):
「スコアが1対1だったし、流れがウチに来ていたので、試合に入ったら絶対に決めてやろうと思っていたので、本当に決めることができてうれしかった。自分たちは被災地なので、みんなに元気を与えられるようにプレーしようと思いまし


2チーム揃って嬉しい勝利です!

なお、水戸の勝利後の挨拶で着ていたシャツには

「共に進もう一歩ずつ!みんな笑顔で!!^o^」

と書かれていました!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J再開。ベガルタ仙台が逆転勝ち。[第7節]

00074920-B.jpg

ベガルタ仙台が、Jリーグ再開のフロンターレ川崎戦で

劇的な逆転勝利!!

サッカー自体は、フロンターレの方がいい内容でしたが、

ゴールをより多く決めたのは、ベガルタでした。

前半、あまり攻撃の形を作れなかったベガルタは、

前半37分に今シーズンマリノスから加入した田中裕介にゴールを許し、

先制点を許します。

前半なかなか攻撃の形を作れないベガルタとは対照的に、

フロンターレは、うまくタテにパスを入れて、山瀬が走り込む形を

何度も作っていて、ゴールになったシーンも、縦パスに反応した

山瀬のアシストがゴールに結びつきました。

1点リードを許し、ハーフタイムに。

後半17分にボランチの高橋義希がOUT、FWの中島裕希を投入。

トップ下でスタメン出場だった梁勇基がボランチに下がりました。

後半15分くらいから少しずつ攻撃の形を作れてきていたベガルタが

後半28分に同点ゴールを決めます!

左サイドから流れてきたボールを太田吉彰が渾身のゴール!

00074918-B.jpg

ゴール後、足をつってしまった太田は、そのまま交代してしまいましたが、

足の痛さ以上に、ゴールが嬉しかった太田がガッツポーズ!

試合後の太田のコメントです。

太田吉彰選手(仙台):
「小宮山くんがケアしているのは感じていました。どうやれば抜けられるのかと思っていました。なかなか前に入れなかったですが、ワンチャンスをモノに出来ました。初めてのシステムでやれたが、もっと詰めていきたい。このままの勢いでやりたい。
シュートらしいシュートもなかったが、でも勝つときはこういうもの。みんなの気持ちが入れてくれたのだと思う。
(同点ゴールを決めてそのまま交代になったが)足が吊っていて、ただ、足が吊った痛さよりもうれしさが上回っていました。ホントにラッキーでした。きれいなゴールではないかもしれないですが、それでもゴールはゴールなので。
仙台で来られなかった人たちは、勝てたことを聞くしことしかできない人も多いと思う。そういう人たちが試合結果を聞いてくれて、それで希望をあたえられれば嬉しいですね。
あれだけ来てくれてすごい声援を送ってくれて、力になったと思います。プレッシャーはありましたが、そこで勝って喜び会いたかった。
(足が吊っていたので)通常であれば止めていたと思います。ただ、足が吊っただけでは代われなかった。筋肉が切れてもいいから、続けようと思っていました。気持ち的には最後まで続けたかったんですが(交代は)残念です」



太田は富田晋伍と交代。

富田は、ボランチに入り、梁勇基が1枚高い位置にシフト。

梁は、この試合中、トップ下でスタートし、ボランチ、サイドハーフと

3つのポジション。

梁がどのポジションで落ち着くかというのが、今後のベガルタの鍵になりそうです。

後半42分。ついに逆転します!

右サイドで得たFKから梁が綺麗なクロスをあげ、鎌田が頭で決めました!

00074919-B.jpg

攻撃の形が作れていたとは言い難い、ベガルタが逆転します。

まさにチーム全体、サポーター、そして宮城の人達の気持ちが生んだゴールでした。

殊勲の鎌田の試合後のコメントです。

鎌田次郎選手(仙台):
「何が何でも勝ちたいという気持ちがあった。アウェイなのにあんなにサポーターが来てくれたし、川崎Fのサポーターも温かかった。リャンさんからのFKは何度もあったので、決めたいと思っていた。同点だったし、時間も時間だったので点を取れれば勝てると思った。どんなことをしてでも勝点を持って帰るつもりだった。日本全国からサッカーを通じての支援の和を感じました。ホームでもアウェイでも気持ちは変えずに次のホームの試合に臨みたいです。震災後初のゲームだったので注目されるのは分かっていたので、そのことは監督からも話があったので心の準備はできていた。チーム一丸となってやったことが結果につながったと思う。今日の勝利で何かを感じてもらえればと思っていました」


残りの時間、フロンターレに押し込まれましたが、

ロスタイム3分もしっかり守りきり、2-1での勝利!

00074921-B.jpg

ベガルタは勝利で、ホーム・ユアスタに帰ります。

次節は、4月29日、ホームでの浦和レッズ戦です。

(個人的には非常に困った1戦です。。。苦笑)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

Jリーグ今週再開!山形、仙台、栃木、水戸の試合情報

レアルの記事が2連続だったので、このブログがレアル贔屓だなんて思われたら

どーしよーあせあせ(飛び散る汗)(笑)

あくまでも、ドイツ代表がメインですよ!!

そんなわけで、今週からいよいよJリーグが再開しますね!

(ドイツメインと言いながら、Jリーグ情報ですw)

今シーズン、自分が応援しているチームの試合情報を掲載していきたいと思います。

自分は応援してないよという人も、この機会にぜひ試合を観てもらえたらなぁと

思っております。

さて、試合情報の前に、こんな情報から。

LINK: 栃木SC:【グッズ情報】「タオルマフラー」回収のお知らせ

この度、2月27日(日)浦和レッズとのプレシーズンマッチで発売したタオルマフラーのスペルに誤りがありましたのでお知らせ致します。ご購入いただきましたファン、サポーターの皆様をはじめ、関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
つきましては、ご購入いただきました皆様は、下記の試合において、商品の回収と新しいものへの引き換えをさせていただきます。大変お手数をおかけいたしますが、会場のイベントエリア内グッズ売店までお持ちください。



【対象商品】
  栃木SCタオルマフラー130cm(PRIDE OF TOCHIGI)

【修正箇所】
  TOCHIGI SOCCER CULB
 →TOCHIGI SOCCER CLUB


ちょっと!!栃木さんあせあせ(飛び散る汗)しっかりしてたらーっ(汗)


そんなわけで、栃木SCの今週末の試合ですが、

00001044-B.jpg
No.14 水沼宏太

4月23日(土) 19:00
vs カターレ富山 @富山県総合運動公園陸上競技場

です!アウェー戦からのスタートですね。

00001045-B.jpg
No.2 西澤代志也

元浦和レッズの西澤代志也も所属していますよ!

ちなみに開幕戦は、スタメンでフル出場しています!!

続いて、水戸ホーリーホックの試合です。

00072842-B.jpg
No.5 加藤広樹

4月23日(土)13:00
vs 徳島ヴォルティス @Ksスタ

水戸はホームスタジアムでの再開です!

LINK: J's Goalの試合プレビュー

ちなみに、写真の背番号7(後ろ姿ですが)は、元浦和レッズの小池純輝(エイコ)です。

監督は柱谷哲二さんです!

続いてJ1の2チーム。まずはベガルタ仙台ですが、

川崎とのアウェーマッチになります。

00074490-B.jpg
No.10 梁勇基

4月23日(土) 14:00
vs フロンターレ @等々力競技場

なお、壱弐参(いろは)横丁でパブリックビューイングがあるとのことです!

パブリックビューイング開催のお知らせ

ベガルタ仙台は、オンラインショップも復活しました!!

ベガルタ仙台 オンラインショップ

自分は、ユアスタに行った時に、タオマフなどを購入する予定です!


最後に、モンテディオ山形です。

00073726-B.jpg

4月24日(日)  13:00
vs セレッソ大阪 @NDソフトスタジアム山形

浦和との練習試合を観る限りでは、あまり状態が良くなさそうでしたが、

相手はACLの戦っているセレッソ。

コンディションの差が出そうですが、がんばってもらいたいです!

あっ、胸スポンサーの「つや姫」、おいしいお米なので、売ってるの見かけたら

ぜひ買ってみて下さい!(うちの実家でも作ってますwww)


さて、東北・北関東方面は、交通が正常通りとはいかないので、

スタジアムに行かれる方は、事前に交通情報をチェックしてみて下さいね!

LINK: 仙台、山形、水戸、栃木のスタジアムアクセス情報 (J's GOAL)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

コパ・デル・レイはレアルが優勝[メスト・エジル、サミ・ケディラ]

Barcelona_-_Real_Madrid_Final_Copa_del_Rey.jpg

日本時間、今日の早朝に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は、

延長戦の末、レアル・マドリードがバルセロナに勝利し、優勝を決めました!

625940149-20042011194921.jpg

リーグ戦、コパ・デル・レイ、CLとクラシコ4連戦の2試合目。

直前のリーグ戦では、1-1の引き分けでしたが、この決勝でも

90分間では勝敗が決まらず、延長戦に突入しました。

1055189703.jpg

2人のドイツ人プレイヤー、サミ・ケディラとメスト・エジルは

スタメンで出場し、ケディラは延長戦後半(107分)までプレイ、

1092944089-20042011235443.jpg

エジルは、71分までプレイしました。

ケディラにとっては、初めての国内カップでの優勝。

(シュトゥットガルトでは、06/07シーズンにリーグ優勝)

エジルは、08/09シーズンのブレーメンでのDFBポカールに続く

2回目の優勝となりました。

今シーズンのクラシコは、まだ2試合残っています。

UCLでのホーム&アウェーです。

バルセロナを撃破して、決勝の舞台で、シャルケと2人の対決が見たいです!

4126785021-20042011200618.jpg

4125350747-20042011235446.jpg

1400157101-20042011200919.jpg

3912386385-20042011235808.jpg
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

クラシコとか

個人的には、スペインサッカーには、まったく興味がなく・・・

クラシコ4連戦と言われても、全然盛り上がらないのですが(苦笑)

でも、レアルが、ってことは、この二人も出場するんですよね。

2557617694-19042011121619.jpg

ドイツ代表のエジルとケディラです。

今シーズンのバルセロナとの対戦成績は、1分1敗で、まだ勝利がなく、

4連戦のうち、リーグ戦の1試合を消化したところで、

残りの3試合は、リーグ杯とUCLで、リーグ戦は、勝ち点差がついてしまったので、

絶望的ですが、リーグ杯は決勝。勝てばもちろん優勝。

UCLは勝てば決勝と、どちらもタイトル目前なんですよね。

レアル・マドリードで活躍するドイツ人が優勝カップを掲げるシーンを見たいですね!

UCLはシャルケが勝ってほしいですけど。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

[アウクスブルク]カールスルーエに勝利し、3位ボーフムと6差

日本時間、今朝行われたFCアウクスブルクの試合は、

カールスルーエに1-0で勝利し、

3位ボーフムとの勝ち点差が6に広がり、

1部昇格に大きく一歩前進です!

5632285777_915e718ee0_b.jpg

今朝も見れなかったので、簡単な結果をお伝えしたいと思います。

ゴールは、前半28分、トビアス・ヴェルナー(No.13)。

細貝萌は、2試合連続で先発出場し、初めてのフル出場でした。

日本帰国、足首の怪我から復帰後、2試合連続でのスタメンということで、

他の選手の状態がわかりませんので、確証はもてませんが、

スタメンに定着してくれそうな雰囲気です。

首位ヘルタ・ベルリンがオスナブリュックに快勝したため、

首位との勝ち点差は4のままで、残り試合は4。

まだまだ優勝での昇格も可能性が残っています。

最終戦が、直接対決なので、それまでに逆転できたら・・・

さて、3位ボーフムと4位グロイター・フュルトとの勝ち点差は1に縮まり、

3位争いもわからなくなってきました。

相馬のコットブスは、6位で、3位との勝ち点差が7なので、

こちらは厳しくなりましたね。

ちなみに相馬の出場はなかった模様。

次節、アウクスブルクはホームでアーヘンと対戦します。
(日本時間24日20:30キックオフです)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

[バイエルン・ミュンヘン]2位レバークーゼンに快勝!

585966257-17042011135543.jpg

監督交代して初めての試合は、2位レバークーゼン。

怪我人や出場停止の選手が居て、バイエルンのスタメンは

GKはブット。

2255642382-17042011151113.jpg

DFラインには、ファン・ブイテンが入り、グスタボとCBのコンビ。

右にはラーム、左にはプラニッチ。

ボランチには、シュバインシュタイガーとティモシュク。

右にミュラー、左にリベリで、前線にはクローゼとマリオ・ゴメス。

前半7分。CKからいきなりオウンゴールで先制します!

その後、トラブル発生。

プラニッチが足を痛め、コンテントに交代。

811132812-17042011142941.jpg

前半は、ゴメスのゴールショーになります。

前半29分。

ミュラーが右サイドでがんばって、ルーズボールを奪って

ゴール正面のゴメスへ。2-0。

前半44分。

右サイドのミュラーから、ゴール前でフリーだったゴメスへスルーパス。

これも簡単に決めて3-0。

1106998347-17042011140950.jpg

最後は、前半ロスタイム。

シュバインシュタイガーのスルーパスを

右足で豪快に決めて、ハットトリック達成。

レバークーゼンは、2位のチームとは思えないような

軽い守備でした。

後半、レバークーゼンに1点返されますが、

リベリが駄目押しを決めて、5-1で勝利!

ブットとファン・ブイテンといったベテランが入り、

チームに落ち着きがでたと思います。

3764105957-17042011135037.jpg

グスタボも自分の仕事に集中できていたと思います。

2797370107-17042011140801.jpg

ロッベンを欠いたこともあって、サイドは割とオープンになり、

ラームやコンテントの攻撃参加も頻繁で、効果的でした。

ロッベンは、飛び抜けた攻撃力を持っていて、

攻撃の中心ですが、ロッベンが居ない時の方が、

攻撃が流動的になるような気がします。

50924717-17042011145355.jpg

久しぶりにボランチで出場したティモシュク。

やはりボランチが一番フィットするし、

シュバインシュタイガーとの相性もいいと思います。

60397508-17042011135728.jpg

シュバインシュタイガーは最近、体調面が心配でしたが、この日はいい活躍ぶりでした。

レバークーゼンに快勝し、ハノーファーが引き分けたため、

CL圏内の3位に再浮上。

残り4試合は、フランクフルト、シャルケ、ザンクトパウリ、シュトゥットガルト。

シャルケは過密日程。残留争いをしている3チームとの対戦が残っています。

終盤戦の残留争いをしているチームは、どんなパフォーマンスを

見せるかわからないので、油断できない相手です。

たとえ、降格が決まっていたとしても、油断は禁物です!
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

[ブンデスリーガ]ブレーメンvsシャルケはドロー

32677_9.jpg

シャルケが相手ということもあり、テレビ観戦できるブレーメン戦でした。

テレビでやる時に限って、トリンクスは出番なしなんだよね・・・

まぁ、マルコ・マリンが復調してきたので、攻撃的なポジションは、マリンがスタメンですね。

シャルケの方は、チャンピオンズリーグのインテル戦から中2日ということもあり、

少しメンバーを替えてきました。

まず、左SBにダニロ・アヴェラル。ブンデスリーガデビュー戦とのこと。

序盤戦、スタメンで出ていたシュミッツが最近あまり出番がありませんね。

中盤は、ユリアン・ドラクスラーがスタメン。

マティップのかわりにアントニー・アナンが先発で、

FWでは、アンゲロス・ハリステアスが先発。

フラド、サルペイ、エドゥ、バウムヨハン、マティプを温存でした。

ちなみにサルペイはベンチ外でした。

前半はブレーメンペースでした。

32677_10.jpg

ポゼッションでも勝ってたし、すぐに先制しそうな雰囲気でしたが、

ボロウスキとピサロのシュートは、ノイアーがしっかりとセーブ。

フリンクスのFKからのチャンスは、ゴールネットを揺らしたものの

メルテザッカーのキーパーチャージをとられ、ノーゴールに。

32677_1.jpg

シャルケのチャンスは、内田のクロスをラウルがヘディング。

これはヴィーゼがしっかりキャッチ。

ハーフタイムにシャルケが一気に2人かえてきました。

エドゥとフラドがIN。

後半は、シャルケペースかな。

先制点は、ブレーメンでした。後半14分。

ペナルティエリアでヘベデスがピサロ倒してしまい、PK。

ヘベデスは、安定した守備を見せるんですが、

こういった無駄なファールだったり、警告だったりがあるので、

そういったところをなくしていく必要がありますね。

運が悪いところもありますが。

ヴァグナーのキックは、一度ノイアーにはじかれますが、

こぼれ球をヴァグナーが押し込み、ブレーメンが先制!

その4分後、シャルケが同点に追いつきます。

右サイドを駆け上がった内田のクロスを、エドゥがヘディングでゴール!

その後も内田のクロスからエドゥがヘッドというシーンが

もう一度ありましたが、ヘディングはポストに当たり、

ラウルが詰めて、ネットを揺らしましたが、これはオフサイド。

ブレーメンは比較的左サイドがオープンになってしまうので、

内田には十分なスペースが与えられていました。

32677_2.jpg

その後、お互いチャンスがあったもののゴールには結びつかず、

1-1のドローという結果になりました。

ブレーメンは、シュトゥットガルト戦から3試合連続で1-1のドロー。

7試合負けがないものの、5試合が1-1の引き分けと、

なかなか波に乗れません。

残りの4試合は、ドルトムントとの対戦がある以外は、

パウリ、ヴォルフスブルク、カイザースラウテルンと

残留争いをしているチームとの対戦です。

勝ち点差は、入れ替え戦のヴォルフスブルクまで6。

シャルケは、ほぼ残留が決まりましたね。(11差)

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

[UCL]シャルケがインテルを撃破し、ベスト4へ

1stレグで大勝していたので、結果としては見えていた試合でしたが、

そんな試合でもしっかりと勝ちきり、シャルケがベスト4へ進出しました。

1788273517-13042011203806.jpg

どこぞの雑誌には、”ジャイアント・キリング”と書かれていましたが、

個人的には、インテルがビッククラブとは思っていなかったし、

シャルケが勝つだろうと思っていたので、

”ジャイアント・キリング”という表現には、違和感を感じたんですが。

それは置いておいて、試合の方は、インテルの中途半端なモチベーションもあり、

シャルケがほぼ試合を制圧していました。

バウムヨハンがこれまでずっと戦力外だったのには驚きでした。

というか、バイエルンにも一時期所属していましたが(苦笑)

正直シーズン序盤から、シャルケがこのくらいの戦い方をしていたら

マイスターシャーレ争いもわからなかったかも・・・。

3600895135.jpg

それにしても、ヘベデスのゴールは爽快でした!

あの場面、インテルのディフェンスラインは、完全に足が止まっていましたね。

ただ一人、長友だけが必死に追いかけていましたが。

ヘベデスが勢いのままに豪快に蹴り込んだために、

長友にチャンスはありませんでしたが、フェイントを入れて

GKを交わしていたら、もしかしたら、長友に追いつかれていたかも。

ヘベデスには、ドイツ代表のCB争いにも絡んできてほしいです。

シャルケの準決勝の相手は、マンチェスター・ユナイテッド。

ユナイテッドは、プレミアリーグで首位に立っていますが、

怪我人も多く、決して調子のよい状態ではないので、

シャルケにも十分チャンスがあるはずです。



もちろん、同じドイツ勢として、シャルケを応援しているんですが

現監督のラングニックは、ホッフェンハイム時代に、

元浦和レッズのトミスラフ・マリッチの恩師でもあったので、

そういう理由でも応援しています。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U-22日本代表、合宿開始

シャルケvsインテルのレポは、帰宅後書きます(まだ見てないですあせあせ(飛び散る汗)

清水とアヤックスの試合も機会があったら見たいと思ってるんですが、

スカパーさんは、再放送してくれるかな?

さて、昨日から関西の方で、U-22の日本代表合宿が始まっています。

初日の昨日は、全日本大学選抜とヴィッセル神戸との練習試合が

行われました。

こういう試合こそ、見たいですよね。

自分のお気に入りの選手がどのくらいアピールしてるとか。

topics0412_2.jpg

2試合とも前半と後半でメンバーが変わってます。

ACLがあった名古屋、鹿島からの招集がありませんでした。

チームとしては、いろいろな選手を試しているという感じでしょうか。

トレーニングマッチ U-22日本代表 vs. 全日本大学選抜 試合結果
U-22日本代表 2 - 0 (前半0 - 0) 全日本大学選抜

得点経過
後半9分 實藤 友紀
後半43分 永井 龍

【スターティングメンバー】
GK
18 安藤駿介(川崎フロンターレ)

DF
22 岡本拓也(浦和レッズ)
12 濱田水輝(浦和レッズ)
3 扇原貴宏(セレッソ大阪)
5 比嘉祐介(流通経済大学)

MF
14 山本康裕(ジュビロ磐田)
26 米本拓司(FC東京)
17 清武弘嗣(セレッソ大阪)
24 原口元気(浦和レッズ)
19 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

FW
13 大津祐樹(柏レイソル)

【後半メンバー】
GK
1 権田修一(FC東京)

DF
25 吉田豊(ヴァンフォーレ甲府)
4 本田慎之介(ジュビロ磐田)
2 實藤友紀(川崎フロンターレ)
23 酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF
15 東慶悟(大宮アルディージャ)
16 山口螢(セレッソ大阪)
11 水沼宏太(栃木SC)
7 山崎亮平(ジュビロ磐田)
10 山田直輝(浦和レッズ)

FW
9 永井 龍(セレッソ大阪)


トレーニングマッチ U-22日本代表 vs. ヴィッセル神戸 試合結果
U-22日本代表  0 - 2 (前半0 - 1) ヴィッセル神戸

【スターティングメンバー】
GK
1 権田修一(FC東京)

DF
22 岡本拓也(浦和レッズ)
12 濱田水輝(浦和レッズ)
3 扇原貴宏(セレッソ大阪)
23 酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF
15 東慶悟(大宮アルディージャ)
26 米本拓司(FC東京)
17 清武弘嗣(セレッソ大阪)
24 原口元気(浦和レッズ)
19 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

FW
9 永井 龍(セレッソ大阪)

【後半メンバー】
GK
20 大久保択生(ジェフユナイテッド千葉)

DF
25 吉田豊(ヴァンフォーレ甲府)
4 本田慎之介(ジュビロ磐田)
2 實藤友紀(川崎フロンターレ)
5 比嘉祐介(流通経済大学)

MF
14 山本康裕(ジュビロ磐田)
16 山口螢(セレッソ大阪)→81分 中里崇宏(流通経済大学)
11 水沼宏太(栃木SC)→76分 谷口彰悟(筑波大学)
13 大津祐樹(柏レイソル)
10 山田直輝(浦和レッズ)

FW
29 富山貴光(早稲田大学)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

モンテディオ山形、石川竜也が怪我で離脱

4月10日にさいたまスタジアムで行われた浦和レッズとモンテディオ山形の

練習試合で、モンテディオ山形の石川竜也が、右ふくらはぎの肉離れ。

全治3週間と、モンテディオの公式サイトで発表がありました。

2011年4月10日に開催されたトレーニングゲーム(vs.浦和レッズ戦)において、モンテディオ山形所属の石川竜也選手が負傷し、山形市内の病院にて検査を受けた結果、次の通り診断されましたのでお知らせいたします。

選手名:
石川 竜也 選手
診断名:
右下腿三頭筋肉離れ全治3週
受傷日:
2011年4月10日(日)トレーニングゲームvs.浦和レッズ戦
診断日:
2011年4月11日(月) (山形市内の病院)


モンテディオにとって、石川の離脱はかなり大きいと思います。

復帰はGW前後になりそうですね。

試合後、ドクター(トレーナー?)に診てもらっていたので

少し心配していたのですが、肉離れだったみたいです。

P4102358.jpg
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジーコの慈善試合でのワシントンのゴールシーン

4月7日に行われたジーコの慈善試合に元浦和レッズのワシントンやポンテも出場しています。

各スポーツニュースなどでは、カットされていたワシントンのゴールシーンも入った

動画を見つけたので、貼っておきます。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

[ブンデスリーガ2]アウクスブルク引き分け。ヘルタ勝ち、ボーフム負け[第29節]

今朝のボーフムvsヘルタ・ベルリンの結果も踏まえて、週末に開催された

ブンデスリーガ2部の第29節の試合結果です。

まず、金曜のナイトゲームで行われた2位アウクスブルクは、

ホームで4位グロイター・フュルトとの対戦。

細貝萌は、スタメンでの出場で、試合終了直前までプレー。

チームはゴールを奪えず、0-0の引き分けとなりました。

首位ヘルタ・ベルリンと3位ボーフムの対戦は、

ヘルタ・ベルリンが2-0で勝利。

この結果、順位は変わらず、ヘルタ・ベルリン(62)、アウクスブルク(58)、ボーフム(55)の順です。

アウクスブルクは、次節、月曜ナイトゲームで降格争いをしている

カールスルーエと対戦します。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

トレーニングマッチ 浦和レッズvsモンテディオ山形

トレーニングマッチで1万6000人を集め、募金総額は11,078,257円だそうです。

トップの試合は、開門2時間前から、南門付近まで待機列ができていたし、

ハーフタイムや試合終了後は、トイレも長蛇の列でした。

先にレディースの試合を少しだけ観戦したのですが、

久しぶりに見たので、選手が大勢入れ替わってて、

知らない選手ばかりでした・・・。

今シーズンは、レディースもちょっとはチェックしようと思ったり。

さて、トップの試合ですが、モンテサポも多く来ていて、

モンテは立って応援していました!

モンテサポにとっても、大声を出して応援できるいい機会になったのではないかと。

浦和サポは、みんな座って、ゆっくり試合を観るという感じでした。

さて、試合の方ですが、山田暢久がボランチで先発でした。

P4101754.jpg

前線は、エジをトップに、左から原口、マルシオ・リシャルデス、達也の2列目。

攻撃の起点は、右サイドが多かったかな。

P4101876.jpg

山形の左サイドバックの石川は、達也や高橋(前半途中から登場)を相手に

苦労していたように思います。

さて、今シーズンのテーマであるサイド攻撃ですが、

まだまだという感じです。

まず、いい形でウィングプレイヤーにボールが入らない。

カウンターになった時などはいいんだけど、

遅攻の時は、バックラインやボランチでボールを回すんだけど、

必ずといっていいほど、近くの選手にボールを預けるので、

逆サイドまでいくのに時間がかかりすぎていて、

なかなかいい形で、ウィングにボールがいかないため、

そこからのドリブル突破はあまり見られず。

また、サイドバックがオーバーラップした際も、

そこにボールがいかないため、走り損という感じでした。

なんか、ロングボール禁止令が出ているのか?というくらい短い遅いパスばかり。

意識がないのか、自信がないのかわかりませんが、

ロングボールをうまく使えるようにならないと、

この戦術は機能しないと思います。

それと、スイッチが入らないのも昨年同様という感じですね。

常に一定のスピードで試合をしているような印象でした。

(後半、セルなどが交代で入った直後に、スピードアップしましたが)

3ゴールを奪いましたが、見ていて楽しい試合は、まだまだ先という印象です。

途中交代のセルとマゾーラ、高崎の方が、コンビネーションは良かったと思いました。


山形の方にも少し触れておくと、

今シーズンは、アンカーに17番の佐藤健太郎を置いた布陣。

南アフリカで日本代表が多く使った布陣と同じです。

1トップの長谷川ががんばって身体を張ってという感じ。

後半終盤からは、福岡から新加入した大久保哲哉が入りました。

二人とも大きいので、2トップでも見てみたい感じです。


撮影した写真は、tumblerにアップしたので、こちらを見て下さいな。

http://kameact.tumblr.com/
      blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。