2010年10月31日

長谷部スタメン落ちもヴォルフスブルクが勝利

長谷部はカップ戦に続き、2試合連続でスタメン落ち、

カップ戦では、後半途中から出場しましたが、

今日のシュツットガルト戦では、出番なし。

チームの調子はまだあがってきてませんが、2-0の勝利。

調子を落としている長谷部にとっては、素直に喜べない

勝利かもしれません。

メンバーを代えての勝利だったので、次節も同じメンバーになる

可能性が高そうです。

再びベンチスタートで監督にアピールしなければならなくなりそうです。

それにしても、シュツットガルトとヴォルフスブルク、

強豪同士の戦いでしたが、両チームとも低調な出来でした。

なかなか上位に食い込めないのがわかる内容でした。

長谷部誠 2011年 カレンダー

長谷部誠 2011年 カレンダー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エンスカイ (株式会社 ハゴロモ)
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: カレンダー



      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

DFB-Pokal 2回戦結果

昨年の決勝カードがいきなり実現してしまったPokal(ドイツの国内カップ)の

2回戦が昨夜行われました。

昨年の決勝カードの再現:バイエルンvsブレーメンは2-1でバイエルンが勝利しました!

怪我人が少しずつ帰ってきたバイエルンは、ファン・ブイテン、クローゼが久しぶりの

ベンチ入りで、ファン・ブイテンは、79分にトニー・クロースと交代で出場しました。

また、オリッチも週末のリーグに続いて、途中出場でした。

得点は、シュバインシュタイガーの2ゴールで、逆転勝利。

ここぞというところで、頼りになる男です!

現在、今季のチーム得点王ですね!しかもぶっちぎり・・・

ブレーメンは、フントがスタメン落ち。

カップ戦とは言え、メンバーがなかなか固定されないのが気になりますね。

ヴォルフスブルクは、Victoria Hamburgに3-1で勝利。

長谷部はベンチスタートで、72分から途中出場しました。

疲労も考慮されての起用だと思いますが、連戦が続くので、

コンディションを整えていってほしいですね。

そして、2部のコットブスが1部のフライブルクに勝利しています!

相馬は73分から途中出場。

矢野は出場しなかったので、日本人対決にはなりませんでしたが、

3回戦に進出しました。

シャルケも1-0で勝利して内田はフル出場だったようです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

レアルが強すぎる件

ハイライトしか見ていないんですが、

レアルがラシン相手に6得点で圧勝しました!

C・ロナウドは4得点の大暴れでした。

そして、6点目はエジルのゴール。

最近、ペナルティエリア内での精度が格段に上がっているような気がします。

まぁ、6点目だったので、この試合にとっては

おまけみたいなものでしたが。

開幕当初こそ、決定力不足で、ゴール数は伸びませんでしたが、

歯車がかみ合い始めたら、この圧倒的な力の差です。

タレントは元々揃っていたところに、ある一定の規律と戦術を

持ち込んだらこんなに強くなるんですね。

モウリーニョのレアルの次の野望は、ポルトガル代表のようなので、

レアルでの監督生活がどのくらいの長さになるかはわからないけれど、

ハマったら、手を付けれなくなりそうで、本当に怖い存在です。

ただ、プラスに考えるところもあって、そんな中で

エジルとケディラがしっかりと存在感を出していることです。

二人ともレアル加入後、めきめきと力をつけている印象です。

これがドイツ代表に還元されて、他の若手選手にも

波及するとさらに高みを狙えるはずです。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ブンデスリーガ]気になる長谷部とドルトムント

週末のブンデスリーガは2試合をテレビ観戦。

1試合をネット観戦で見ました。

(テレビと同時進行だったので、ちゃんとは見てませんが)

正直、ブレーメン戦を見れば良かったと後悔したりしたんですが。

それにしても、長谷部のコンディションが悪いのが気になります。

怪我から復帰して以来、チームが勝利をつかめるようになってきたのも

長谷部のおかげというところも少なからずあったと思いますが、

ここ2試合は、長谷部が直接失点に絡み、2試合連続で黒星。

長谷部も途中交代してしまうという状況です。

競争率の激しいブンデスで、こういう状況が長く続くのは、

致命傷になりかねないので、早くコンディションを戻して

ほしいところです。
 
 続きを読む(ドルトムントに関して)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

[UCL]怪我人続出のバイエルン3連勝

週末のハノーファー戦に続き、ベンチワークが苦しいバイエルンですが、

クルージュの自滅も手伝い、グループリーグ3連勝となりました。

5ゴールで快勝したアーセナルのベンチには、

アルシャビン、ウォルコット、ベントナーと豪華な顔ぶれ。

一人でいいから貸してあせあせ(飛び散る汗)という感じでしたね。

バイエルンはシュバインシュタイガーが先発に復帰しましたが、

なかなか攻撃の形が作れませんでした。

もう少し、ダイレクトやツータッチくらいでパス交換できれば

チャンスも増えると思うのですが・・・

ハノーファーでハットトリックを決めたマリオ・ゴメスは、

90分間消えている時間が多かったと思います。

それでも1ゴールを決めるのだから、やはり力を持っている選手です。

これまでバイエルンでなかなか出場機会を得られず、

目立った活躍はありませんでしたが、シュトゥットガルト時代は

コンスタントにゴールを決めていただけあり、

出場機会さえしっかり与えれば、活躍できるだけの力は持っています。

現在、オリッチとクローゼが離脱中のため、出場機会を得ていますが、

今後、バイエルンが誰を中心にメンバー構成をしていくのか、

非常に気になるところです。

マリオ・ゴメスは、ドイツ代表でも中心になってほしい選手なので

これまで以上に出場機会が与えられればいいなと思います。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ダビド・シルバが試合を決める | マンチェスター・シティvsブラックプール

もしかしたら、ブラックプールが快勝していたかもしれない

そんな試合でしたが、終わってみれば、シティが3-1で勝利。

試合を決めたのは、ダビド・シルバでした。

EURO2008でブレイクしたあとは、スペイン代表での活躍も

あまり目立ちませんでした。

南アフリカワールドカップでは、わずか1試合しか出場できず、

選手として、少し落ち目と見られる面もありました。

今シーズンから加入したマンチェスター・シティでも、

ベンチスタートが多かったのですが、

ブラックプール戦では、後半21分から登場し、

1点目のテベスのゴールをアシスト。

3点目の駄目押し点は、ペナルティエリアをドリブルで突破しての

技ありシュートでした。

アシストやシュートもそうですが、停滞ムードの時に

交代で出場して、中盤で精力的に走り回り、パスの起点になるプレーは

試合の流れを引き寄せます。

先日のレバークーゼンのロルフェスやラース・ベンダーもそうでした。

ダビド・シルバがベンチに居るというのは、なんとも贅沢ですが、

こういった試合をひっくり返せる選手と交代するタイミングは、

今後もしっかりチェックしておきたいポイントです。

続きを読む
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

レバークーゼンが逆転勝ち。ロルフェスが大活躍

後半23分にグラフィッチが2点目を決めた時には

ヴォルフスブルクの勝利がほぼ決まりかけたと思われた試合は、

後半24分にロルフェスの投入から、完全なレバークーゼンペースに。

もちろん、GKのミスもあったものの、

FKからロルフェスがヘディングで決め、1-2と1点差になったのが

後半27分。

後半30分には、ロルフェスが長谷部のハンドを誘いPKに。

これをアルトゥロ・ビダルが決め、同点に。

後半37分のCKからの混戦をロルフェスが押し込み、ついに逆転!

レバークーゼンは、選手交換から完全に試合を支配してしまいました。

その中でももっとも存在感を示したのが、シモン・ロルフェス。

また、交代で入ったラース・ベンダーも中盤で存在感を示し

レバークーゼンのパス交換がよくなったと思います。

ロルフェスは、怪我で南アフリカワールドカップを欠場、

EURO2008では、ボランチで活躍した28歳。

ラース・ベンダーはU-19欧州選手権 2008の優勝メンバーで、

現在21歳。

今後、ドイツ代表でも活躍するかもしれないですね。

非常に楽しみです。

161010_0022.jpg

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

ハーグリーブス、今週末復帰!?

この2年間、怪我でほとんどプレーできなかった

オーウェン・ハーグリーブスが、今週末のリーグ戦で

復帰できるのでは?というニュースが出ています。

ハーグリーブス、今度こそ復帰?

ユナイテッドへ移籍した最初のシーズンは、リーグ優勝に貢献する

活躍ができましたが、その後は、ずっと怪我に苦しんでました。

普段はあまり見る機会のないユナイテッドの試合ですが、

ハーグリーブスが復帰するのであれば見なければ!

と思ったんですが、放送はJ-Sports1のようです。

スカパーe2の欧州サッカーセレクションには、J-Sports1は

入っていないので、見れないっぽい?

スカパーかJ-Sportsに問い合わせしようかと思ったんだけど、

メールでの問い合わせはなく、電話のみだったから

ちょっと面倒だなぁ・・・
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

負傷者続出。悪いのはFIFAでありUEFA

国際マッチデーで、さらに怪我人が増えてしまったバイエルン。

オリッチは、すぐに復帰できそうですが、

クローゼとファン・ボメルは時間がかかりそうです。

ファン・ボメルの怪我により、バイエルンとオランダサッカー協会との

関係がさらに悪化しそうですね。

どちらの言い分もわかるんです。

いい選手が居たら、多少怪我をしていても使う。

当たり前のことです。

勝ちたいのは、代表もクラブも一緒です。

代表チームは、ワールドカップやEUROの出場や優勝を目指し、

クラブは、CLやリーグ優勝を目指す。

当たり前のことです。

選手だって同じです。

だから、代表優先とかクラブ優先とか、それって言い争っても

仕方のないことだと思います。

むしろ、今解決しなければならないのは、

選手の休み期間が短いこと。年間の出場しなければならない試合が多いこと。

そして、代表にもクラブにも、十分な準備期間が設けられないこと。

選手にとっても、ファンにとっても、代表とクラブのどちらか一方を

選ぶことは難しいことだと思います。

そして、選手は試合に出たいし、ファンは見たいんです。

なにか抜本的な解決をして、選手がしっかり休養をとれて、

代表やクラブがしっかり準備期間を設けられるようには

できないものでしょうか?

むしろ、FIFAやUEFAは、そうなるようにしなければならないはずです。

個人的には、選手の年間(もしくは月間)出場試合数をレギュレーションで

定めてもいいのではないかと思うんですけどね。

例えば、年間出場できるのは、最大何試合までとか

30日間で出場できるのは、最大何試合までとか。

開催試合数を減らすのは、簡単にはできないだろうから、

暫定的な処置として、取り入れてもいいと思うんだけどな。

普段出場できない選手にも、出番が回ってくるだろうし。

とにかく、選手には十分な休息を与えてほしいです。
      blogram投票ボタン
タグ:FIFA UEFA
posted by かめ。 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

[日本代表]闘って当たり前の試合。vs韓国代表

お互い90分闘って、スコアレスドローとは言え、

見ごたえのあるいい試合になりました。

ただ、この試合は闘って当たり前と言えます。

新監督が就任して2試合目。

しかも相手は、韓国。

このシチュエーションで闘えない選手が居たら、

チームが闘っていなかったら、

これは非常事態と言える状況だと思います。

問題は、これからどうやってチームを作っていくかですね。

個人的には、本田の調子の悪さが心配です。

強引にシュートに行くのは、日本人らしからぬいいプレーだとは思いますが、

あまりにも自分でゴールを決めることに固執しているような気がします。

強引に行きつつ、時には味方にパスを出すというリズムが出てくると

本田自身もゴールチャンスが増えるし、チームもゴールが増えると思います。

デンマーク戦での岡崎へのパスくらいの余裕を持っていた方が

相手DFも怖いと思います。

それと、森本が起用されなかったことも気掛かりです。

ザックがどういうコントロールをしているかはわかりませんが、

アルゼンチン戦で先発して結果を残せなかった森本、

途中交代でいいアピールをした前田。

韓国戦では、前田が先発しました。

後半の短い時間でも森本にリベンジのチャンスを与えても

良かったのではないかと思います。

最後に萌について。

代表3試合目は、途中交代でした。

アンカー的なポジションだと思います。

結構気負っていたように思いますし、

遠慮がかなりあったのではないかと。

前の2試合に比べると、かなり物足りない内容でした。


      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ドイツ代表]カザフスタンに快勝で、EURO予選4連勝

クローゼが試合中に太ももを負傷したとのこと。

ここに来て、ドイツ代表にワールドカップ疲れの怪我が

蔓延してますね・・・。

これ以上、怪我人が出ないことを願うばかりです。

さて、試合の方は、3-0の快勝。

これで、予選4連勝です。

ゴールは、クローゼ、マリオ・ゴメス、ポドルスキ。

クローゼが長期離脱となると、マリオ・ゴメスの出番も

増えるでしょうから、マリオ・ゴメスのゴールは大きいですね!

あれ?マリゴメって、いつぶりのゴール??

ドイツ代表出場メンバー:
GK
ノイアー

DF
ラーム
メルテザッカー
バドストゥーバー
ヴェスターマン

MF
トニ・クロース
ケディラ
ミュラー(71. →マルコ・マリン)
エジル(79. →カカウ)
ポドルスキー

FW
クローゼ(55. →マリオ・ゴメス)

試合ハイライト(DFB)
UEFA.comレポート
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

[日本代表]本当の真価が問われる試合。今日、日韓戦。

アルゼンチンには、1-0で勝利し、幸先の良い船出を飾った

ザックJAPANの次の相手は、永遠のライバル韓国。

正直、アルゼンチン戦は、モチベーションの差は結構あったと思う。

指揮官が代わり、また新海外組の活躍もあり、全体的に志気の高かった

日本代表に比べて、アルゼンチン代表は、指揮官が代わったとは言え、

「暫定」監督のバティスタ氏。

そして、なにかと誘惑の多い日本での試合ということもあり、

「アキバ」とか「新幹線」とか言ってる間に、

勝利への執着心は、薄れていったよう気がします。

でも、次に相手は、ホームの韓国。

当然、韓国代表は、ホームで日本には負けれないという気持ちもあるだろうし、

エースのパクチソンが怪我で欠場とは言え、

もしかしたら、先日のアルゼンチン代表よりも手ごわい相手かもしれません。

アルゼンチン戦から、GKの川島と、ゴールをあげた岡崎が

負傷で離脱しましたが、松井は出場可能のようです。

アルゼンチン戦のメンバーをベースにするのか?

アルゼンチン戦でもっともアピールした前田はスタメンか?

槙野、細貝と言った出番のなかった選手の出番はあるのか?

と言ったあたりが注目です。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ドイツ代表]EURO予選3連勝

週末更新したかったんだけど、更新できなかったので、

いまさら金曜の試合のレポですあせあせ(飛び散る汗)

予選の最大のライバル・トルコをホームに迎えての第3戦。

気になるボランチは、トニー・クロースが先発でした。

終始安定したプレイでしたが、クリエイティブな彼のプレイは

あまり見られず、少し残念とも感じました。

試合は、クローゼのゴールで先制しました。

右サイド・ラームからのクロスに反応したミュラーのヘディングは

相手GKがはじき、クロスバーに。

そのリフレクションをクローゼが頭で押し込みました。

ミュラーのクロスへの飛び込み方は、完璧でしたねexclamation×2

身長の高いとは言えないミュラーでしたが、完璧にボールの落下点に入り、

トルコDFに競り勝ちました。

2点目は、エジルがGKとの1対1を決めました。

これまで、GKとの1対1で外してしまうシーンも多かったのですが、

代表合流直前のレアルの試合でゴールを決めていますし、

今は、自信に満ちあふれています。

3点目は、相手GKのクリアミスをクローゼが決め、

3-0の快勝でした。

ドイツ代表、出場メンバー:
GK
ノイアー

DF
ラーム
メルテザッカー
バドストゥーバー
ヴェスターマン

MF
トニ・クロース
ケディラ
ミュラー
エジル(89. →マルコ・マリン)
ポドルスキー(86. →トレシュ)

FW
クローゼ(89. →カカウ)

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ドイツ代表 2011年カレンダー「DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011 [Perfect]」

以前紹介した「DFB Posterkalender 2011」に続き、

「DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011」もやっと届きましたので

紹介したいと思います!

「DFB Posterkalender 2011」のレポはこちら

DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011

DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Heye
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: Perfect




まずは大きさの比較から。

ger_danke_13.jpg

左が今回紹介する「Danke」です。

「Unser WM-Team」は横長。「Danke」は縦長です。

もちろん、使用されている写真は異なります。

3月は、エジルのシュートシーンです。

ger_danke_03.jpg

得意の左足!ではなく、右足でのシュートですが、

躍動感あふれる写真です!

5月はノイアー。

ger_danke_05.jpg

個人的な一番のお気に入りは8月。

ger_danke_08.jpg

クローゼのゴールを祝福するシーンですが、

アルネさんの笑顔が素敵すぎます!

この他の月はこんな内容です。

ger_danke_00.jpg

10月はクローゼのガッツポーズ。

12月のミュラーの笑顔も素敵です。

写真の内容的には、「Danke」の方が良かったです!(個人的な感想)

紙の質は、「Unser」の方が良く、裏面がワールドカップのレポートが

書いてあるなど、内容が良かったと思います。

ちなみに「Danke」は、裏は白紙です。

ともに、アマゾン(日本)で購入可能ですが、おそらく現在庫限りだと思いますので

購入を検討されている方はお早めに!

DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011

DFB Posterkalender Danke, Jungs! 2011

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Heye
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: Perfect



DFB Posterkalender 2011

DFB Posterkalender 2011

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Heye
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: カレンダー


      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

[日本代表]ザック初戦。明日アルゼンチン戦

明日、いよいよザッケローニ監督の初戦を迎えます。

原監督代行で2試合消化していて、その時にはザックの就任が決まっていたので

なんだか初戦という感じがしないのですが。

さて、初戦のスタメンが非常に注目されています。

ワールドカップ後のお披露目的な布陣は、パラグアイ戦でやっているので、

その必要もないため、ザックがどのような人選をするのか

非常に楽しみですね。

Jリーグの試合などの視察を精力的に行って居ましたし、

原監督代行で戦った2試合もみています。

パラグアイ戦、グアテマラ戦で結果を残した選手も居れば、

ワールドカップメンバーで怪我でこの2試合を欠場した選手も居ます。

個人的に注目したいところは、

・ボランチの人選は?

遠藤、長谷部、阿部とワールドカップメンバーが復帰しました。

ここにパラグアイ戦、グアテマラ戦で評価の良かった細貝が

食い込んでこれるか。

・槙野の起用は?

ザックが非常に興味を持っている不思議ちゃん・槙野。

スタメンなのか、ベンチなのか。

・右サイドバックは?

内田の怪我が完璧に治っていないので、内田の起用はあるのか?

駒野を起用するのか?それとも長友か?

長友を右で使う場合の左は槙野?

と言ったあたりが気になります。

FWに関しては、ゴールを決めてくれれば誰でも(爆)

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

[ドイツ代表]シュバインシュタイガーが代表から離脱

先日のドルトムント戦で、右足を負傷したシュバインシュタイガーが

代表から離脱とのことです。

8日のトルコ戦、12日のカザフスタン戦は欠場となりました。

ドイツ代表にとっても、バイエルンにとっても

欠かせない存在となっているだけに、長期離脱となると

戦力ダウンは大きいですね。

EURO予選の2試合は、欠場が確実ですので、

この2試合、ケディラとボランチのコンビを組むのは

誰になるのかが注目になります。

シュトゥットガルトでケディラとコンビを組んでいたトレーシュが

最有力と思われますが、南アフリカワールドカップでは、

トニー・クロースをボランチで試すこともあったので、

トニー・クロースという可能性も十分にあると思います。

週末のブンデスリーガでは、ボランチで出場していた、リーターの起用も

あるかもしれませんが。

とは言え、EURO本戦まで2年弱、次のワールドカップまで4年弱あるわけですし、

シュバインシュタイガーが全試合フル出場するのは、

現実的ではないと思います。

予選の最大の山場のトルコ戦という状況を除けば、

他の選手を試すいい機会です。



      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

[バイエルン・ミュンヘン]好調ドルトムントにも黒星

マリオ・ゴメスを1トップに

2列目にトニー・クロース、シュバインシュタイガー、トーマス・ミュラー。

ボランチには、ファン・ボメルとプラニッチ。

左サイドバックには、ブラーフハイトを起用し、

悪い流れを断ち切ろうとして臨んだドルトムント戦。

前半に訪れたチャンスをマリオ・ゴメスが決めれなかったのが全て。

試合の流れをつかめなかったバイエルンが、後半2失点で連敗。

ゴメスは、冬に放出かもしれない。

それ以上に深刻なのは、トニー・クロースか?

期待が大きいだけに、今シーズンのパフォーマンスの低さは

かなり深刻です。リベリ、ロッベンが怪我で居ない今、

しっかりアピールしなければならないはずなのに、

試合中消えている時間があまりに長すぎるし、

ボールを持っても効果的な仕事ができず。

これは受けての問題もあるのかもしれないですね。

全体的に運動量が少なくパスコースが少ないというのもあると思います。

なかなか調子のあがらないバイエルンですが、

また代表戦があり、主力がしばらくお休みです。

控え選手の中から救世主が出てきてくれることを願います。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

エジルが勝利に貢献。UCL レアル・マドリードvsオセール

レアルのチャンピオンズ・リーグ第2戦。

結果は知っての通り、エジルのクロスをディ・マリアが決めて、

1-0でレアルが勝利しました。

レアルは、枠外シュートを罰金制にして、罰金をチャリティーにしたら

世界中から貧困がなくなるんじゃないか?ってくらい

相変わらずシュートが枠に飛んでませんが・・・

そんなレアルの調子は、よくわからないのですが、

レアルのリーガの試合は見てません。UCLでしか見てないという

前置きをした上で、ケディラとエジルの活躍を書きたいと思います。

まずは、ケディラから。

この日の中盤は、シャビ・アロンソとL・ディアラと組んでの3枚。

アロンソもラスも運動量が多い上に、レアルの攻撃の時間が

多かったこともあり、ケディラは常に前線で攻撃に絡んでいました。

いつもならエジルが埋めるスペースにケディラが居るようなイメージです。

レアルじゃなかったら、この中盤はすごい面白いかも!

でも、レアルにしては、ちょっと華がないよねと感じてしまうのもまた。

モウリーニョもいろいろ試しているところだと思うけれども、

ケディラに何を求めているのか、まだわからないところはありますね。

一方、エジルは、ベンチスタート。

58分にベンゼマと交代して登場。

トラップミスなどボールをロストする場面が多かったのですが、

レアルの唯一のゴールをアシストしました。

レアルは、個人で打開できる選手ばかりなので、

潤滑油的な役回りですが、ドイツ代表に戻ってきた時に

どのような活躍をするか、どんな変化があるか、

8日のトルコ戦が楽しみです。


      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ドイツ代表メンバー発表 at 2010.10.1

ユーロ2012予選大会グループA

トルコとのホーム戦(10/8:会場ベルリン)、

カザフスタンとのアウェー戦(10/12:会場アスタナ)に

向けた代表メンバーが発表されました。

GK
マヌエル・ノイアー(シャルケ04)
レネ・アドラー(バイヤー・レバークーゼン)
ティム・ヴィーゼ(ベルダー・ブレーメン)

DF
ホルガー・バトシュトゥバー(バイエルン・ミュンヘン)
フィリップ・ラーム(バイエルン・ミュンヘン)
サシャ・リーター(VfLボルフスブルク)
マルセル・ヤンセン(ハンブルガーSV)
ハイコ・ヴェスターマン(ハンブルガーSV)
ペア・メルテザッカー(ベルダー・ブレーメン)
ジェローム・ボアテング(マンチェスター・シティ)

MF
ケビン・グロスクロイツ(ボルシア・ドルトムント)
クリスチャン・トレーシュ(VfBシュツットガルト)
マルコ・マリン(ベルダー・ブレーメン)
バスティアン・シュバインシュタイガー(バイエルン・ミュンヘン)
トニ・クロース(バイエルン・ミュンヘン)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
メスト・エジル(レアル・マドリード)
サミ・ケディラ(レアル・マドリード)

FW
ミロスラフ・クローゼ(バイエルン・ミュンヘン)
マリオ・ゴメス(バイエルン・ミュンヘン)
ルーカス・ポドルスキー(1FCケルン)
カカウ(VfBシュツットガルト)

怪我からボアテングが復帰しました。

また、メルテザッカーも怪我から戻ってきて、間に合いましたね。

好調ドルトムントからはグロスクロイツが選ばれました。

それ以外は、新しいメンバーは招集されず、

新戦力よりも現存戦力、トニ・クロースやマルコ・マリンと言った若手が、

まだフィットしていないので、本戦に向けて、どうフィットさせていくかが

課題といった感じでしょうか。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[バイエルン・ミュンヘン]UCL連勝。 vsバーゼル

バーゼルのホームに乗り込んでの第2戦。

リベリが足首の怪我で離脱。

1トップにクローゼ。

右にアルティントップ、中央にミュラー、左にトニー・クロースという

布陣だったものの、攻めてはいるものの攻撃の形は作れず

逆にバーゼルに先制を許してしまう展開。

後半、マリオ・ゴメスを投入。

そして、オリッチを中盤に入れる布陣に。

なんとか2得点し、からくも逆転勝利。

それにしても、攻撃陣が心配です。

手詰まりだった時は、ロッベンやリベリが個人技で打開して

ゴールを生んでいた昨季。

逆に、個人技でペナルティエリア内で勝負するタイプではない

クローゼやミュラー、トニー・クロースが、

ペナルティエリア内、またはペナルティエリア付近で

ボールを受けて、そこから仕掛ける展開。

これがロッベンやリベリなら崩せていたのかもしれないけど。

現存戦力と戦術がかみ合っていない。

結局後半は、右にミュラーが、左にオリッチが張って、

中に放り込む作戦から、ゴールはPKとFKから。

怪我人も多いし、ワールドカップもあった今シーズンで

選手自身もチームとしてもトップフォームまでは

ほど遠い現状では、なんとか勝ち点を積み上げていくのが

やっとという感じですね。

      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブンデスリーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。