2007年07月29日

4位で終了 アジアカップ 3位決定戦 vs韓国 選手コメント

1人少ない韓国を相手に、1点が取れず、PK戦でやぶれ、4位でアジアカップを終了しました。
スタメンをほとんど変えずに勝ちに行った試合での敗戦。
啓太と阿部ちゃんは、帰国後すぐに試合があるのですが、疲労が心配です。
オジェックが十分な休養を与えてくれるか心配です。
特に阿部ちゃんはオールスターにも選ばれているし、サウジ戦での怪我もあったので、ますます心配です。
逆に試合に出れなかった坪井のコンディションも心配ですね。

ナビスコでがんばった若手、怪我から帰ってきた闘莉王も居るので、オジェックが誰を使うのかが楽しみでもあり、不安でもあります。



鈴木啓太(浦和)のコメント。
「相手の情報のなかからウィークポイントをどう突くかが大事だった。
アジアカップは僕自身にとって、代表として臨んだ初めての公式戦だった。もちろん、この大会がいちばんの目標ではないといえ、結果を残せなかったことは悔しいし残念。
(アジアカップを戦ってみて?)Jリーグとはまた違った大会だったし、同じ環境をJリーグに求めることも難しい。ただ、アジアカップがいいとか、Jリーグが悪いとか、そういう問題ではない。とにかく、自分のなかでより高いイメージを持ってやったり、日々のトレーニングのなかでもチャレンジしていくことが大事になってくると感じた。
 自分には走るしかないというか、走ることがあるという風に思っている。ただ、もっと頭を使った走りができればよかった。もっと違った走りも必要だったかもしれない。運動量も大事だが、その質がいちばん大事。それは自分の課題でもある。もっと効果的に走ることができると思う。
 韓国やオーストラリアなど、組織されているチームに対して、もちろん個で崩す場面もなくてはならない。組織の上に個があるのか、個のうえに組織があるのかは分からないが、やはり組織を生かすのも個、個を生かすのも組織だと思うので、いい選手がいるなか、周りの選手がそういったことを考えてどう走るかが大事。それは強い相手とやって気づかされる部分もあった。どんな相手でも個だけでは崩せないし、組織だけでは崩せないっていうことはこの大会通じて分かったこと」

Sprots@nifty


坪井慶介選手(浦和):

「大会を通じてみんなよく走った。前回は出ることもできなかった。それを考えるとよくなかった。これを生かすのは自分次第。悔しさもよかったこともある。生かすも殺すも自分次第。こういう立場でチームの中での年齢も上だし、チームのことを考える割合も多かった。その分考えてやっていることが多かった」

J's GOAL


      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

【さいたまシティカップ2007】写真(4) 司令塔

ルーニーやロナウドが目立っていますが、マンUの中盤にスコールズがいるからこそ、あの破壊力のある攻撃ができるのです。
【さいたまシティカップ2007】小野伸二/スコールズ
そして、スタジアムを沸かせ、マンUに衝撃を与えた伸二。
リーグ戦、ナビスコでも調子が良く、ようやく過去の輝きを取り戻しつつあります!

【さいたまシティカップ2007】小野伸二
後半の同点ゴールは、シャッターを切るのを忘れるくらい、見とれてしまいました。

司令塔といえば、この人を忘れてはいけませんね。
【さいたまシティカップ2007】ロブソン・ポンテ
浦和の10番ロブソン・ポンテ。

リーグ後半戦は、伸二とポンテが、どれだけ攻撃を活性化できるか、共存できるかがカギになるような気がします。
      blogram投票ボタン

2007年07月26日

【さいたまシティカップ2007】写真(3) 守護神

(プレシーズンの)いつも通り、前半のみの出場となりましたが、何度かあったピンチもしっかりとセーブ!

【さいたまシティカップ2007】都築

ゴール裏から写真を撮る場合、キーパーって、すごく撮りづらいんですよね・・・
ほとんど背中を向けているしあせあせ(飛び散る汗)
こっち向いたと思ったら、ネットが!!あせあせ(飛び散る汗)

【さいたまシティカップ2007】都築
ルーニーとの1対1を止めた直後の表情です!

試合中は、ほとんど背中しか見れないけど、その背中が頼もしいんだよなぁ。


続いて、マンUの守護神、ファン・デル・サール。
2年前も来日しましたね!
【さいたまシティカップ2007】ファンデルサール

2年前は、後半開始前に、ゴール裏に手を上げて挨拶したら、ブーイングを食らったファン・デル・サールでしたが、今回は、控えめな挨拶でした(苦笑)
      blogram投票ボタン

決勝進出ならず アジアカップ準決勝 vsサウジアラビア 阿部&啓太コメント



鈴木啓太選手(浦和):

「失点してはいけない時間帯にやられた。後半の頭の失点だったり、攻めようとしている時間の失点が痛かった。疲れがどうのという問題ではない。自分たちのミスも多かったし、ヨコパスを取られてリズムを失う結果になっていた。

(相手2トップに対して?)彼らへの守備はそんなに問題にはなっていなかった。失点シーンも人数がいる中でやられている。最終ラインだけの問題じゃないし、その前から始まっている。いろんなミスが重なった結果として失点した。目立つのはフィニッシュの部分だろうけど、その前がよくなかった。相手は非常に僕らを研究していたと思うし、強い相手だった。今日のゲームは相手のペースというか、相手のやり方でゲームを進められてしまったのかなというのがある。

(次は韓国戦?)イラクが勝ったのは不思議じゃない。日本は決勝に行きたかったけど、これが現実。負けるべくして負けてしまった。自分たちの力をしっかり出せなかったらこうなる。サウジはいいチームだったけど、非常に悔しいし残念です」

J's GOAL


阿部「最後は一対一の勝負、そこで止める力がなかったというのは非常に悔しい」

試合後の阿部勇樹(浦和)のコメント。
「(結果は)見たまんま。サウジの攻撃陣は、ビデオで見て想像していたよりも、やってみて能力が高かったと感じた。ディフェンスはひとつのミスが失点になってしまう。それがすべて。最後のところで、止めることができれば失点はなかった。
最後は一対一の勝負、そこで止める力がなかったというのは非常に悔しい。言い訳はできない。
(同点弾について)あんまり覚えていない」

Sports@nifty


残念な結果になってしまいましたが、3位決定戦もあるので、切り替えて、次もがんばってほしいです。
3位決定戦は28日。
8月1日に広島戦があるので、阿部ちゃんと啓太は休ませてほしい。
坪井はスタメンで使ってもらえるんじゃないかなって思う。


広島戦といえば、U-22の合宿に萌が呼ばれてますが、神戸の合宿後にある中国遠征には、試合のあるチームからは呼ばないって反町さんが言ってました。
広島戦は、怪我人も代表組も帰ってくるので、試合に出るのは難しいきがするし、北京への生き残りをかけて、五輪代表を優先してもいいと思うんだけどなぁ。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

【さいたまシティカップ2007】写真(2) ドリブラーの戦い

右サイドでは、山田さんと萌ががんばり、左サイドでは相馬ががんばっていましたね!

前半、フレッチャーのクロスにスライディングでディフェンスする相馬。
【さいたまシティカップ2007】相馬vsフレッチャー

後半、左サイドをドリブルで突破する相馬。
【さいたまシティカップ2007】相馬vsフレッチャー


達也が先発だったため、あまり活躍の時間を与えられなかった永井。
【さいたまシティカップ2007】永井
左サイドからドリブルで切り込んで、右足でのシュート。
シュートは残念ながら、枠の外でしたが、わくわくするプレイでした。

マンUとの力の差は、この辺のシュートが枠に行くかどうかですね・・・。
      blogram投票ボタン

2007年07月24日

【さいたまシティカップ2007】写真(1) 右サイドのディフェンス

せっかくなので、写真掲載しておきます。(って、遅すぎあせあせ(飛び散る汗)


浦和の右サイドをクリスチアーノ・ロナウドがドリブルで進攻してきたシーン。
【さいたまシティカップ2007】山田vsロナウド
山田さんが上手く体を寄せて、ボールはゴールキックに。
このシーンは、スポーツニュースでも結構使われてましたね。

前半は、何度もこの2人のマッチアップが見れて面白かったです。
【さいたまシティカップ2007】山田vsロナウド

山田さんと右サイドの守備を固めたのは、萌でした。
【さいたまシティカップ2007】細貝vsギッグス
ロナウド、ギッグスと言ったドリブラーとしっかりマッチアップ。
クロスを上げられるシーンはありましたが、完全に抜かれるシーンはありませんでした。
(後半、カウンターからロナウドに交わされるシーンはあったけど・・・)

コーナーキックのディフェンスでは、リオ・ファーディナンドとマッチアップ。
【さいたまシティカップ2007】細貝vsリオ


期待していたハーグリーブスとナニは、怪我のため出場しませんでした。
残念・・・たらーっ(汗)


写真は、もう少しあるので、またあとで掲載します。
      blogram投票ボタン

2007年07月22日

アジアカップ準々決勝 vsオーストラリア 鈴木啓太コメント

90分で勝ってほしい試合でしたが、辛くもPK戦で勝利し、準決勝に進出を決めました。
圧倒的に攻めながらも、なかなか先制点を奪えず、そろそろヤバいなぁと思ってたところで、相手に先制点を取られてしまいます。
すぐに同点に追いついたのは大きかった!



鈴木啓太選手(浦和):

「(勝った時は)正直、うれしかったです。(守備面について?)相手の研究はもちろんできていたし、前半は危ないシーンもあったけど、やるべきことはハッキリしていたし、相手の情報への対応はある程度できたと思う。(ブレシアーノのマークとビドゥカのケア?)チーム全体としてだいたいはできた。サイドバックの加地君や駒野が中を絞りながらケアをしていた。うまくいったと思う。オーストラリアはサッカーをよく知っていた。個人個人もそうだったし、今までの相手より組織だっているというか、パスをつながせるところとボールを取りに行くところはハッキリしていて、もちろん強かった。次やったら勝てるとはいえない。それだけの相手だった。

(失点の時間帯?)難しい時間帯だった。セットプレーは彼らの武器。警戒はしていたけど、やられた。それでも焦らなかったし、すぐに取り返すことができて落ち着けた。でも今日の勝利の価値を大きくするのも、小さくするのも自分たち次第。これからだと思う」

J's GOAL
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

予選首位突破 アジアカップ vsベトナム 選手コメント

最近、安易にCKに逃げて、そのCKから重要な得点が決まる試合が結構ありますね。

先制された時は、ビックリしましたが、試合全体を見れば、明らかな実力さがあり、安心して見ることができました。

両チーム、セーフティに進めたため、4点が入ったあとは、見所がほとんどありませんでしたが。



阿部勇樹選手(浦和):
「途中押し込まれたのは準備不足。試合の入り方を考えないと。失点しても焦ることなく盛り返せた。最初は中盤からのプレスにいけず、ずるずると下がってしまった。立ち上がりが良くなかったし、フリーの選手も上がってくる。間延びしてしまい、誰がボールに行くのか、誰が人に行くかがはっきりしなかった。でも徐々に修正し、思い切ってチャレンジすることができた。
(今日が一番暑かった?)いや、この前のUAE戦の方が厳しかったと思う」

J's GOAL


鈴木啓太選手(浦和):
「ミスをしなければ失点をしなかった。お互いのカバーももっと必要だった。原因というのはDFだけじゃなくて、ボールの取られ方も悪かった。でも今のチームは失点しても経験ある選手たちが慌てない雰囲気を作ってくれる。ベトナム戦はこれからの戦いのヒントになると思う。今日はうまくできた。3点差がついたこともあるし。
(失点場面?)自分に当たって入ったけど、その前も問題だった。CKだったり、FKだったりには必ず原因があるし、UAEの時もそうだった。ミスが重なると失点につながる。できるだけ誰かがカバーできる意思統一をしていきたい」

J's GOAL
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

アジアカップ vsUAE 阿部勇樹、鈴木啓太コメント

後半に1失点した以外は完璧な内容だったんじゃないでしょうか。
阿部ちゃんも啓太もほとんどミスなくプレイしてました。

啓太の怪我が心配です。
次の試合まで中2日しかないので、しっかり治して試合に出て欲しい気持ちと、無理しないで休んで欲しい気持ちが半々です。



阿部ちゃんのコメント
阿部勇樹選手(浦和):
「次は勝った方が1位なんで、勝利を目指していきたいと思う。相手のホームだし、いいプレッシャーの中でやれると思う。相手が少なくなってから失点したことは、もう1回考えなければならない。自分たちのペースでやっていながらカウンターから1点を取られた。ボールの奪われ方も悪かった。そういうミスは上に行けば行くほど危険」

J's GOAL




啓太コメント
鈴木啓太選手(浦和):
「早い時間に点を取れたのは、試合を進める上で落ち着いて焦らずにできた要因の1つだと思う。
(質の違うプレッシャーがあると試合前に話していた?)いつも通りだった。思ったほどではなく、リラックスしてできた。
(足のケガについて?)詳しくは分からないけど、右足のすねのところ。最初はできたけど、途中足をついた瞬間にできないかなと思った。
(中2日でベトナム戦だが?)やってみないと分からないが、いい準備をしたいと思うし、勝てば1位通過できる。次の試合も厳しくなる。相手より1日少ないし。
(今日の勝利?)ただ今日の失点の場面もそうだけど、自分自身が絡んでいる。それは反省しないと。もっと点も取れた。サイドを崩してからのアイデアとか良くなれば、もっと点が取れる。また新しい課題が見つかった」

J's GOAL

「早い時間帯に点を取れたのは、試合を進める上で落ち着いて焦らずにできた要因のひとつ。
(足のケガについて?)詳しくは分からないけど、右足のすねのところ。最初はできたけど、途中で足をついた瞬間にできないかなと思った。
(このあと中2日でベトナム戦だが?)やってみないと分からないが、いい準備をしたいと思うし、勝てば1位通過できる。ただ試合は厳しくなると思う。
 勝つには勝ったが失点の場面で自分自身が絡んでいるので、それは反省しなければ。サイドを崩してからのアイデアなど良くなれば、もっと点が取れる。(今日の試合で)自信をつけたというよりも、また新たな課題がみつかった」

Sports nifty



      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

【さいたまシティカップ2007】マンチェスター・ユナイテッド来日メンバー

さいたまシティカップ2007のマンUの来日メンバーが発表されましたね!

マンチェスター・U、来日予定メンバー @オフィシャル


もちろん、ルニーとクリスチアーノ・ロナウドが注目されるのは当然なのですが、今年加入したポルトガル人のナーニにも注目したいです!
すでにポルトガル代表デビューをしている将来有望な若手選手です。
ポジション的には、ロナウドと同じウィングの選手です。
ワントップにルーニー。ウィングにロナウドとナニという前線3人は、破壊力は強烈だと思います!
ファン・ニステルローイが抜けて、ワントップでポストプレイやパワープレイをできる選手が居なくなってしまいましたが、ルーニー、ロナウド、ナニにギッグスという、突破力のある選手が揃っているマンUの攻撃陣は、Jでは見られないファンタジーを見せてくれそうです。

ちなみにナニはこんな選手↓

代表組の啓太、阿部ちゃん、坪井との真剣勝負も見てみたかったので、代表組が居ないのは、本当に残念です・・・。


個人的には、去年も来日したオーウェン・ハーグリーブスにも注目しています。
(去年来日時は、バイエルン・ミュンヘンに所属)
マンUがずっと獲得を狙っていたイングランド代表のミッドフィルダーです。
ドイツワールドカップのイングランドvsポルトガルの試合での活躍は記憶に新しいところですね。
カナダ出身で、その後は長年ドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレイしていましたが、今年からは念願の母国イングランドでプレイすることになりました。




◆監督:サー・アレックス・ファーガソン
◆コーチ:カルロス・ケイロス

GK:エドウィン・ファン・デル・サール(オランダ)
GK:トマシュ・クシュチャク(ポーランド)
GK:トム・ヒートン(イングランド)
DF:ミカエル・シルヴェストル(フランス)
DF:リオ・ファーディナンド(イングランド)
DF:ウェズ・ブラウン(イングランド)
DF:ジョン・オシェイ(アイルランド)
DF:パトリス・エヴラ(フランス)
DF:ネマニャ・ヴィディッチ(セルビア)
DF:フィリップ・バーズリー(イングランド)
DF:ダニエル・シンプソン(イングランド)
DF:ジョナサン・エヴァンス(北アイルランド)
MF:ライアン・ギグス(ウェールズ)
MF:ポール・スコールズ(イングランド)
MF:オーウェン・ハーグリーヴス(イングランド)
MF:マイケル・カリック(イングランド)
MF:ダレン・フレッチャー(スコットランド)
MF:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)
MF:クリス・イーグルス(イングランド)
MF:ナーニ(ポルトガル)
MF:リー・マーティン(イングランド)
MF:ダーロン・ギブソン(アイルランド)
FW:ウェイン・ルーニー(イングランド)
FW:アラン・スミス(イングランド)

※当日の背番号は未定です。
※上記メンバーは、本日時点でのリストです。怪我等の理由により出場できない場合があります。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ドロースタート アジアカップ vsカタール代表

ある意味予想通りだっただけどね。
1-1のドロースタート。



オーストラリアも引き分けスタートだったけど、オーストラリアは追いついての同点。日本は追いつかれての同点。
決勝トーナメント、初戦でオーストラリアはしんどいと思うけどなぁ。

気を引き締めなおして、予選の残り2試合はしっかり勝って1位通過を決めたいところです。

啓太コメント
鈴木啓太選手(浦和)
「前半は上がらなかったのは、僕自身が上がっても、ボールを取られてカウンターになるだけだと感じたんで上がらなかっただけ。相手は引いてカウンターを狙うスタイルで来た。こっちのいいところを消してくる形。
予想と違ったかどうかは、そういう話をしても意味がない。相手が実際そうやってきたわけだし、予想は当たるとも限らない。早く相手の動きを見て対処していくことが大事だと思った。
今日は入り方も問題なかったし、決定的場面も作っていた。だからこそ勝たなきゃいけない試合だった。このゲームについてはよく考えていけないといけないけど、グループリーグはまだ2試合ある。前を向いて次に行かないといけない」

J's GOAL
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。