2007年06月23日

気になる選手起用 久しぶりの勝利 浦和レッズvs清水エスパルス

久しぶりの日本平で超久しぶりの勝利でしたね!
3年前も日本平での試合も前半に先制し、リードしていたものの啓太のハンドで一発退場、1人少ない状況で逆転負けしたという苦い思い出があるので、試合終了の笛を聞くまでは、ドキドキの試合でした。
奇しくも、あの時と同じ、岡田正義が主審だったわけだし。

とは言え、6月に入ってから、下降気味の清水は、それほど怖い相手ではありませんでした。
怖かったのは、青山の破壊力だけで・・・闘莉王の怪我の具合が気になります。
代表に定着しているものの、まだA代表での大舞台を体験してないので、アジアカップには出て欲しい!
まずは磐田戦に向けて、回復できるかどうかですね。
それにしても、中断明け3試合で2試合が負傷退場とはついてない。

注目のスタメン、長谷部の代わりは堀之内でした。
まぁ、予想通りでしたが。
そして、闘莉王が負傷して、呼ばれたのは細貝でした。
1点リードしていた状態で、考えられた交代策は、
1.ウッチーをそのままディフェンスに入れる
2.伸二をボランチに入れて、阿部ちゃんがディフェンスに入る
3.細貝をボランチに入れて、阿部ちゃんがディフェンスに入る
4.岡野を右サイドに入れて、暢久をボランチに入れ、阿部ちゃんをディフェンスに入れる
など、いろいろ考えられました。
ここまでの試合で、いろいろなポジションをこなしてきたことが、こういうところで活きてきたと思います。
で、オジェックが選んだ交代は、細貝をボランチ、阿部ちゃんをディフェンスでした。
もし、引き分けの状態であれば、伸二を入れて、1点を取りに行く戦い方を選んだかもしれません。

闘莉王の怪我ともうひとつ残念だったのが、ポンテの累積4枚目のイエローです。
次は伸二に出番が回ってきそうな気がします。
闘莉王が出場できるかどうかが、大きなカギになりそうですが。

選手層の厚さが、体力的にもつらくなってくる夏場に向けて、良い方向に進んでいる気がします。

最も心配なのは、ワシントンが不調なことでしょうか。
      blogram投票ボタン

2007年06月21日

輝けるサイドチェンジと不運なイエローカード 浦和レッズvsヴィッセル神戸

今年初めての駒場での試合でした。
年々、駒場開催が減っていっていますが。
そんな中で、仕事で駒場で行けなかったのは不幸としか言いようがありませんたらーっ(汗)
結局、仕事が終わったのが10時半だったので、チケットを仲間に託しておいて良かったです。

PKを2つも獲得した達也は、復帰4戦目でしたが、もうだいぶ身体も動いてきたように見えました。

その達也以上に良かったのが、ボランチに入った長谷部だったと思います。
特に高い位置でのサイドチェンジのロングパスは、正確で逆サイドでのチャンスの演出をしていました。
その長谷部が徐々に相手選手のチャージの餌食になります。何度か危険なタックルも受けていましたが、後半27分のルーズボールの競り合いにスライディングに行ったところで、逆に長谷部にイエローカードが提示されました。
これまで、不気味なほどに静かだったジョージが最後にやらかしてくれましたたらーっ(汗)
これで長谷部は累積4枚目で出場停止です。
せっかくA3での活躍が認められ、J再開の2試合でスタメン出場したのに、ここで1試合お休みというのは、非常に残念です。

ホリが3バックに入るのか、それとも伸二がそのまま長谷部の位置に入るのか、どういったメンバーになるかわかりませんが、それ以上に気になるのは、その翌週の磐田戦でのメンバーです。
      blogram投票ボタン

2007年06月17日

帰ってきたエース 浦和レッズvsFC東京

それにしても、味スタの入場は、もう少しなんとかならないもんかな・・・
あの暑さの中で開門から2時間も列がなくならないって。

達也が帰ってきました!
今シーズン、苦しんでいたのが、なんとも簡単に解決したような前半でした。
すぐに達也が復帰ゴールを決めて、先制。
ゴールもそうだったけど、大きかったのは、カウンターの時にワシントンの他に、もうひとりターゲットが居て、達也は裏を狙う動きをしているのは、カウンターをより効果的にしていたと思います。
そして、相手ボールになったときのチェック。
その時のダッシュのスピードは、永井やワシントンにはない速さです。
一気に、ボールを持っている相手選手との間合いをつめます。
相手選手はすごく嫌だったと思います。

選手起用で気になっていたのは、長谷部がスタメンなのか、それとも伸二なのかということでした。
ベンチスタートが続いていた長谷部がA3で活躍して、それまでスタメンだった伸二は怪我でA3を回避していたので、オジェックがどちらを起用するかが気になっていましたが、今日は長谷部がスタメンでした。

これまでのスタメンメンバーで、今日が一番理想的だったと思います。
スタートは、4-4-2でしたが、相手のフォーメーションを見て、先制したあとは3バックにシフト。
これまで何度も見られた形でしたが、坪井が右サイドバックになったり、ネネが左サイドバックになったりするよりも、良い形だと思いました。

いよいよ達也が帰ってきて、これからというところで、闘莉王が怪我で途中交代・・・
まだ怪我の状態はわかりませんが、心配です。
      blogram投票ボタン

2007年06月13日

長谷部誠のインタビューがアップルのサイトに掲載されています

アップル - iPodがスポーツを楽しくする - 長谷部誠 -

長谷部のインタビューがアップルのサイトに掲載されていました。
iPodについてのインタビューです。

アップル - iPodがスポーツを楽しくする - 長谷部誠 -
iPod for all music lovers.


Apple Store(Japan)
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | [浦和レッズ]ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

A3第2戦 vs城南一和

これだけ一方的に押し込まれることは、Jリーグではそうそうないと思う。

そんななかで、監督へアピールできているのは、長谷部とワシントンだと思う。
A3初戦の山東魯能での3得点と城南一和の1得点は、長谷部は1ゴール長谷部は2アシスト、ワシントンは3ゴールと、2人が決定的な仕事をしています。
長谷部は、Jリーグで、ベンチスタートが続いていたし、ワシントンは、なかなかコンディションがあがらず、決定的な仕事をなかなかできていなかっただけに、山東での活躍は嬉しいところです。
ワシントンは、スタメン確定と考えて、リーグ再開後の試合で、長谷部の扱いがどうなるかが気になります。
伸二をはずすのか、それとも阿部ちゃんをディフェンスに下げて、ボランチに入れるのか・・・。
オジェックの腕の見せ所です。

一方で、アピールに失敗しているのが、永井ではないでしょうか?
ワシントン、達也と、印象に残るプレイを見せているのと対照的に、永井はなかなか活躍できていません。
シーズン初めは、ゴールを決めたり、すっかりスタメンに定着したように思えましたが、徐々に出番を少なくしています。
達也が帰ってきたこともあり、これからが正念場だと思います。

押し込まれた試合展開では、相馬の役回りも難しいですね。
押せ押せの展開での、左サイドからの突破だったり、攻守の切り替えが早い試合展開での、左サイドのカウンターは、すごく脅威に感じますが、暑いコンディションで押し込まれてしまうと、相馬のいいところをなかなか活かすことができなくなる印象でした。
      blogram投票ボタン

2007年06月08日

バイエルン・ミュンヘンがリベリとトニを獲得

A3、録画したけど、まだ見てないので、バイエルンの話でも。

先日、ドイツ代表のマルセル・ヤンセンを獲得しましたが、それ以上の大きな補強ができました。



ドイツワールドカップでもブレイクしたフランス代表のフランク・リベリと、イタリア代表のエース、ルカ・トーニの獲得が決まりました!!

リベリは、引退したショルの背番号7を引き継ぎ、トーニはエースナンバーを背負います。

ゼ・ロベルトの復帰もほぼ決まっており、例年にない大型補強となりました。
昨シーズンは、ドイツブンデスリーガでは不調で、シーズン中に監督交代もチーム状況は上向きにならず、来季のヨーロッパチャンピオンズリーグの出場権を逃してしまいました。

来季は全く新しいチームに生まれ変わりそうです。
オフシーズンの楽しみの少ないチームでしたが、今年はわくわくさせられます。
今から、開幕が待ち遠しいです。
      blogram投票ボタン
posted by かめ。 at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

キリンカップ コロンビア代表戦後 選手コメント



キリンカップサッカー2007〜ALL FOR 2010!〜
第3戦 2007年6月5日(火)19:20キックオフ/埼玉/45,091人
日本代表 0-0 コロンビア代表

※大会結果:1勝1分 勝点4 得失点差+2 でオシムジャパンが初タイトル獲得!
_____
●鈴木啓太選手(浦和):
「前半の最初に相手がどういう形でやってくるかを予想した。で、実際にゲームをやってみて、ある程度早い段階で誰につくのかというのはできた。途中で8番がサイドに開いた時にどうするかという問題が出て、その解決に少し時間がかかったけど、早く修正できるようにはなってきていると思う。8番がサイドに開いたら誰がマークするのか。浩二(中田)君が、前につられてもいけないし、ボランチのところでケアするのに時間がかかった。少しディフェンスラインと中盤の間にスペースを空けない形で行かないといけなかった。相手も途中から疲れてリアクションサッカーになった。前半に自陣で押し込まれた時に耐えたのが大きい。中盤がボールを取られる場面が何回かあったのが反省すべき点」

J's GOAL


試合後の鈴木啓太のコメント。
「相手も途中で疲れて、リアクションになってきたが、前半の早い段階で相手に押し込まれながら、そこを凌げたのはよかった。前半にしろ、後半にしろ、僕を含め何度か中盤でボールカットされてしまい、ピンチになってしまったのは反省点。コロンビアのプレッシャーは早かったし、僕自身、ああいったFWからのチェイシングが厳しいチームとの試合ははじめてだった。これまでの経験ではいちばんかもしれないし、Jリーグでは味わえないレベル。そういったことを体験できたことはよかった。
後半は羽生が入って相手のマークがずれ出し、マイボールになったときに優位性ができた。(羽生は)裏をねらうタイプなので。
国際試合でいい経験したと言うのはあまりいいことではないかもしれないが、僕としてははじめてのスピードだったし、いい経験ができた」

Sports @nifty
      blogram投票ボタン

2007年06月02日

キリンカップ モンテネグロ代表後、選手コメント

キリンカップサッカー2007〜ALL FOR 2010!〜
第1戦 2007年6月1日(金)19:15キックオフ/エコパ/28,635人
日本代表 2-0 モンテネグロ代表
得点者:23' 中澤佑二(日本代表)、38' 高原直泰(日本代表)



鈴木啓太手(浦和):
「落ちついて後ろでサイドチェンジしつつやっていこうという話をした。少し早くタテパスを入れて、カウンターになった場面があった。でも相手のやり方にはまった面はある。どう修正するかが大事だったけど、修正できたのがよかった」

Q:得点が前半から取れましたね
「前半はこっちがホームで、相手はアウェーで、それぞれがそういう戦いをしてきた。そこでリードできたのは大きかった。後半に入ってああいう展開になるのは仕方ないこと。ハーフタイムの後、3バックに変更したのは、相手の7番が入ってきたから。彼はキープレーヤー。10番と7番をどうマークするかが1つの鍵だった」

J’s GOAL


坪井慶介(浦和)のコメント。
「(このキリンカップは)アジアカップに向けての強化ということではあるが、勝つことも大事。個人的にも代表では久しぶりに出たので、勝負にこだわりたかった。
(後半は最終ラインが3枚から4枚、4枚から3枚へと変わる場面があったが?)向こうが選手を代えてきたというのがあったので。ベンチからの指示というよりも、相手の出方を見て、選手同士の判断となった。
コンビネーションを確立するには時間も必要だが、得点シーンなどはうまくいっていたと思う」

Sports @nifty


状況によって3バックと4バックを上手く使い分ける戦い方は、レッズでの経験がすごく活かされたと思います。
DFに坪井と阿部ちゃんをスタメンで使ったのは、そういった狙いがオシムにもあったからじゃないかなと思います。


ちなみにオシムは試合後の記者会見でこんなことを言っています。
――監督が望むとおりの選手を使えたのか?

今日は重要な選手を使うことができなかった。左利きの選手、もうひとつは相手の3番を抑えることができるようなポジションでプレーできる選手、つまりタッチラインの端から端までひとりでカバーできて、何度も往復できるスピードとエネルギーのある選手がいるにもかかわらず使えなかった。今回は2ボランチでやったが、将来的にはひとりで任せられる選手、守備もやるがそこから攻撃もできる選手をいま探しているところです。


啓太は代表でのポジションを自分のものにしていると多くの人が認識しているかもしれませんが、代表がもうワンステップ上のレベルに上がるためには、中盤をひとりで任せることが出来る選手(例えば、リバプールのジェラード、ドイツのバラック)が必要とオシムは考えているようです。
この会見でのオシムのコメントは、啓太を含めた現代表の中盤の選手やまだ代表に呼ばれていない選手へのメッセージだと思います。
      blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。